カモフラージュ?それともステマ? 「欧州風痛車」な開発車両の正体は?

開発車両で賑わうスウェーデン北部で「欧州風痛車」的なプロトタイプを発見しました。

カメラマンによると、フォード「フォーカス」の派生モデル「フォーカス・セダン」次期型プロトタイプとのことです。

ペイントは痛車風ですが、その下には実にスタイリッシュなボディが隠されています。大型化されるラジエーターグリル、L字型テールライト、LEDデイタイムランニングライトバーを備えるヘッドライトを持ち、Bピラー以降のルーフラインはよりスタイリッシュに刷新されています。擬装されていますが、リアクォーターウィンドウは廃止され、スポーティな演出がされているようです。

パワートレインは、最高出力140pを発揮する1リットル直列3気筒ガソリン「EcoBoost」エンジン、150ps及び200psを発揮する1.5リットルエンジンのほか、プラグインハイブリッドやEVモデルも噂されています。さらに275psを発揮する『ST』や400psを発揮する『RS』の存在も気になる所です。

またハッチバック、セダン、ワゴンの3種を揃える他、高級志向の「ヴィニャーレ」なども期待できそうです。

(APOLLO)

カモフラージュ?それともステマ? 「欧州風痛車」な開発車両の正体は?(http://clicccar.com/2018/04/11/577803/)

【関連記事】ジェームズ・ボンドもびっくり!? アストンマーティンに直6エンジン復活の噂MQBベース最後のモデルになる? アウディ・TT改良型、ニュル高速テスト開始!日産リーフのライバル登場!? ホンダの電動化戦略をけん引する「アーバンEV」を大予想