ポルシェ初のEV「ミッションE」、厳冬のスカンジナビアで実力の片鱗を見せた!

ポルシェ初のEV「ミッションE」、厳冬のスカンジナビアで実力の片鱗を見せた!

ポルシェ初のEV「ミッションE」、厳冬のスカンジナビアで実力の片鱗を見せた!の画像

ポルシェ初の市販EV、ミッションE」市販型プロトタイプが、厳冬のスカンジナビアで開発テストを行う模様をキャッチしました。

Cピラーを始め、フェイクのエキゾーストパイプなどカモフラージュがまだ重いですが、市販型ではEV専用「J1」プラットフォームを採用し、コンセプトモデルと同様の流れるようなクーペルーフスタイルが反映されるはずです。

満を持して搭載するパワーユニットには2基のモーターを搭載し、最高出力は600psを発揮します。0-100km/h加速は3.5秒、0-200km/h加速は12秒以下とスーパーカーレベルのパフォーマンスが予想され、テスラ『モデルS』をライバルとします。

https://youtu.be/wqn6b7qh4ZQ

充電には現在主流の400Vではなく、800Vシステムを採用することにより約15分で満充電の80%、400km以上を走行します。また約20分でフル充電を完了し、530kmの航続距離を実現するとレポートされています。しかしこの驚異的充電時間を実現するには、特別な800V充電ポートも必要になるでしょう。

市販型のワールドプレミアは、2019年3月以降と思われます。

(APPOLO)

ポルシェ初のEV「ミッションE」、厳冬のスカンジナビアで実力の片鱗を見せた!(http://clicccar.com/2018/04/13/578508/)

【関連記事】フィアット500Xに初の改良型登場! 新開発8速ATが走りを変える!!ライバル対決「Porsche Macan GTS ? JAGUAR F-PACE S」「Porsche Macan ? LEXUS RX450h F SPORT」打倒ポルシェは叶うのか?カモフラージュ?それともステマ? 「欧州風痛車」な開発車両の正体は?