【新車】BMW X2は1550mm以下の立体駐車場に入る日本でもヒット確実!?

BMWのコンパクトSUV(SAC)であるX2が2018年4月16日から受注を開始しました。X1やX3、X5はスタンダードなSUVの「SAV(スポーツアクティビティビークル)」、X4とX6はクーペ的要素が盛り込まれたクロスオーバーSUVの「SAC(スポーツアクティビティクーペ)」になっています。

ボディサイズは、全長4375×全幅1825×全高1535mmで、ホイールベース2670mm。全高を1550mm以下に抑えたことで、高さ制限のある立体駐車場に対応可能。

全長4200×全幅1795×全高1530mmというアウディQ2、全長4400×全幅1830×全高1615mmのアウディQ3の間くらいのサイズといえます。エンジンは1.5Lの直列3気筒ガソリンターボ、2.0Lの直列4気筒ガソリンターボで、前者の「sDrive18i」はFF、後者の「xDrive20i」は4WD。

フロントマスクの特徴であるキドニーグリルは、ロア側をよりワイドにし、大型エアインテークもあって、低重心かつワイドなスタンスに感じさせます。

また、従来のクーペスタイルに固執しなかったというルーフラインは、BMW Xモデルらしい強固な印象を残すやや無骨な形状とすることで、躍動感を表現した。

そして、BMWの特徴でもあるホフマイスター・キンクをCピラーに組み込むことで、ボディ後方まで窓の下部がせり立つラインを取り入れ、シャープで挑戦的なデザインへのこだわりを表現したそう。

さらに、Cピラーには、歴代BMWクーペの名車を彷彿とさせるBMWブランド・ロゴが配置されています。こちらは、近年採用されていないデザインで、BMWの伝統と創造性を融合させる要素として、コンセプトを表現しています。また、新しい挑戦として、エクストリーム・スポーツからインスピレーションを受けたという「M Sport Xモデル」をラインナップ。

BMW Xモデルのオフロード・キャラクターが強調されたデザインが特徴で、フローズングレーのシャープかつ洗練されたアクセントがちりばめられた専用装備などにより、新型BMW X2の個性がより際立っています。

X2の走りの注目点は、足まわりにありそう。「ドライビング・パフォーマンス・コントロール・スイッチ」を操作すれば、走行特性の調整が可能で、標準モードのCOMFORTのほか、燃料消費効率を重視したECO PROや、スポーティな走りを実現するSPORTモードが用意されています。

「M Sport Xモデル」には、Mスポーツ・サスペンションを標準装備。このサスペンションには、硬めのスプリングとダンパーが採用されていて、さらにスポーティなロードホールディングを実現するそうです。

さらに、路面状況を問わず高い運動性能を発揮するインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」が搭載された「xDrive20i」では、舵角やホイールの回転速度などのデータから、オーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知し、瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを可変配分することで、高い安定走行が得られるとしています。

日本でも扱いやすいサイズからヒットしそうなBMW X2。気になる価格帯は、4,360,000円〜5,150,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】BMW X2は1550mm以下の立体駐車場に入る日本でもヒット確実!?(http://clicccar.com/2018/04/16/579956/)

【関連記事】BMWが「フォーミュラE」参戦!蓄積した技術をBMW「i」モデル開発に投入今秋公開へ…BMW M8は全4モデルでスタンバイ!発表直前!BMW初のEVクロスオーバーSUV「iX3」フルヌードを激写