日産自動車が世界初の高成形性980MPa級超ハイテン材を採用。さらなる軽量化を加速

日産自動車は6月18日、新日鐵住金との共同開発による世界初の高成形性980MPa級超ハイテン材(冷間プレス用超高張力鋼板)を採用拡大すると発表しました。

第2世代ハイテン材である高成形性980MPa超ハイテン材は、クルマ向けの鋼板として一般的に使用されている従来の590MPaハイテン材に近いプレス成形性や衝突時のエネルギー吸収性能を確保。さらに、その数値のとおり、引張強度980MPa以上の高い強度を両立。

従来、プレス成形が難しかった複雑な形状のパーツや、衝突時の乗員保護のためにエネルギー吸収の役割を担う部品への適用ができるようになり、超ハイテン材の採用部品を拡大することで、車体の軽量化をさらに推進できるとしています。

2018年3月に米国で発売されたインフィニティQX50のフロントサイドメンバー、リヤサイドメンバーなどの車体骨格部材として世界で初めて配置され、今後発売する新型車に採用を拡大するそう。

日産は、車体の軽量化のため、車体部品における超ハイテン材を25%(重量ベース)以上に採用する目標を掲げ、2013年から高成形性1.2GPa級超ハイテン材を筆頭に、超ハイテン材適用技術の開発に向けて積極的な取り組んでいます。

米国で発売されたインフィニティQX50では超ハイテン材適用率27%を達成。超ハイテン材は通常のハイテン材と同等の車体性能を保ちながら鋼板を薄くできるため、車両の軽量化が可能となり、燃費や走行性能を向上させることができます。

また、1台あたりの鋼板の使用重量が少なくなることに加え、この超ハイテン材は冷間プレスが可能なため量産に適していて、生産コストを含めた車両トータルでコストの上昇を抑えることが可能としています。

(塚田勝弘)

日産自動車が世界初の高成形性980MPa級超ハイテン材を採用。さらなる軽量化を加速(http://clicccar.com/2018/06/22/601298/)

【関連記事】今後の旧車シーンの大黒柱的存在!? R30系のオンリーの『6thスカイライン・ミーティング』日産自動車が最速の「グランツーリスモ」プレイヤーを日本に招待。本物のレーシングドライバーを育成【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第38回・ダイナミックな走りを手に入れた「新しいビッグカー」。日産・セドリック・グロリア ハードトップ(7代目)