ドライバーもびっくりだった、ゴリラトロフィーの正体とは?【2018年F1第8戦フランスGP】

ドライバーもびっくりだった、ゴリラトロフィーの正体とは?【2018年F1第8戦フランスGP】

ドライバーもびっくりだった、ゴリラトロフィーの正体とは?【2018年F1第8戦フランスGP】の画像

2018年F1第8戦フランスGPが、サーキット・ポール・リカール(5.861km、周回数53周)で開催されました。

10年振りに復活したフランスGPは、1906年に行われたル・マン郊外の公道レースを起源とした世界最古の歴史を誇るレースで、「グランプリ」がフランス語の理由もここからきているのだとか。

そして現役F1ドライバー20人中、最多の3人がフランス出身! 母国GPとなったエステバン・オコン(フォースインディア)、ロマン・グロージャン(ハース)、ピエール・ガスリー(トロロッソ)に、集まったファンの期待が膨らみます。

決勝前日に行われた予選でポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続きました。

スタート直後のターン1で、ベッテルがボッタスの左リヤタイヤに接触し、パンクさせてしまうというアクシデントが発生。ベッテルはフロントウイングにダメージを負い、ボッタスと共に順位を落とします。

さらにオコンとガスリーがターン3で接触し、2台揃ってリタイア。会場から大きなため息が漏れました。これによりセーフティカーが導入され、10年振りの開催となったフランスGPは波乱の幕開けとなったのです。

セーフティカーラン中、ベッテルはフロントウイングとタイヤを交換、ボッタスもタイヤを交換し2台とも最後尾ではありますが、無事にレースに戻ることができました。良かったー!

この時点での上位勢の順位は首位ハミルトン、2番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手カルロス・サインツJr(ルノー)、4番手ダニエル・リカルド(レッドブル)、5番手ケビン・マグヌッセン(ハース)です。

6周目にレース再開。チームのホームグランプリとなったルノーは、サインツJrが3番手を走行していましたが、9周目にリカルドとライコネンにパスされ、5番手まで順位を落としてしまいます。

一時は最後尾を走行していましたが、20周目には6番手という驚異の追い上げを見せたベッテル。しかしスタート時のアクシデントにより、5秒のタイムペナルティを科せられてしまいました。ペナルティはあるものの、ここからどれだけ順位を挽回できるか注目です。

レースは順調に進み、上位勢で最初に動いたのはフェルスタッペン。25周目にソフトタイヤに履き替えます。

33周目にハミルトンもソフトタイヤに交換。そしてその翌周、ライコネンもタイヤ交換をしますが、上位勢の中で唯一スーパーソフトタイヤを選択したのです!

この戦略が吉と出るか、それとも凶と出るか……。最後まで見逃せません!

40周目、ボッタスが2回目のピットイン。スーパーソフトタイヤに交換しました。そしてボッタスと同じくレース序盤にタイヤ交換をせざるを得なかったベッテルも2回目のタイヤ交換をし、さらに5秒ペナルティも消化します。

スーパーソフトタイヤが功を奏したライコネンは、47周目のバックストレートでリカルドをパスし、3番手に浮上! 今シーズン4度目の表彰台獲得となりました。

50周目、6位を走行していたサインツJrから「ノーパワー」と悲痛の叫びが。「カモーン」と言いますが、悲しきかなその願いは叶わず、8位まで順位を落としてしまいました。チームの母国で素晴らしい走りを見せてくれていただけに、本当に残念です(涙)。

フランスGPを制したのは予選からライバルをよせつけない王者の走りを見せつけた、ハミルトン。今回の勝利により、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに返り咲きました。

そしてポディウムには、コースサイドで目立ちまくっていたゴリラのモニュメントが! さらにさらに、ドライバーに送られるトロフィーもトリコロールに彩られたゴリラのトロフィーだったのです!!

これにはドライバー達も興味津々。実はこのゴリラ、F1タイヤサプライヤーのピレリがタイトルスポンサーを務めたフランスGPを祝福して、著名なフランス人彫刻家リチャード・オーリンスキーがデザインしたものなのだそうです。

あまりにもインパクトがありすぎて、フランスGPといえば「ゴリラ」になりそうですが……(笑)、ドライバー達が嬉しそうだったからいいか!

フランスGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
2/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
3/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
4/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
5/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6/#20/ケビン・マグヌッセン/ハース
7/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
8/#55/カルロス・サインツJr/ルノー
9/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
10/#16/シャルル・ルクレール/ザウバー

(yuri)

ドライバーもびっくりだった、ゴリラトロフィーの正体とは?【2018年F1第8戦フランスGP】(http://clicccar.com/2018/06/27/602769/)

【関連記事】マクラーレンの今井弘チーフレースエンジニアは日本人じゃない!? ストフェル・バンドーン単独インタビュー掲載【F1速報×F1女子〜カナダGP号〜】思わず歌いたくなっちゃった!? セバスチャン・ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに【2018年F1第7戦カナダGP】今年もインディ500特別編集!佐藤琢磨選手がバーテンダーに変身!?【F1速報×F1女子〜モナコGP/インディ500特別編集号〜】