【新車】ダイハツ・ミラ トコットは女性スタッフが考えた心遣いが詰まったみんなに優しい軽自動車

【新車】ダイハツ・ミラ トコットは女性スタッフが考えた心遣いが詰まったみんなに優しい軽自動車

【新車】ダイハツ・ミラ トコットは女性スタッフが考えた心遣いが詰まったみんなに優しい軽自動車の画像

2018年6月25日、安全・安心を追求しながら、シンプルなデザインと購入しやすい低価格を実現した新型軽自動車「ダイハツ・ミラ トコット」が発表されました。車名のトコットとは、TO Character(自分らしさ)、TO Comfortableness(安心・安全、運転しやすさ)、そしてTO Convenience(使いやすさ)の頭文字からイメージされた造語です。

今回発表されたミラ トコットはダイハツの軽自動車ラインアップの中でベーシックモデルであるミラ イースをベースに、はじめてクルマを購入するという女性をメインターゲットに日々のモビリティライフをより安心して、過ごせるようにという想いを込めて開発されたモデルです。

「誰にでもやさしく乗れる、エフォートネス(肩ひじ張らず自然体でいられること)なクルマ」をコンセプトに、企画・開発に際して発表会でプレゼンを行ったターゲットに近い女性社員で構成されたプロジェクトチームが参加。ユーザー視点でのコンセプトや採用するアイテムに関しての意見をミラ トコットに反映させていることが特徴です。

先代モデルにあたるミラココアも開発を担当したチーフエンジニアの中島雅之さんは「ミラ トコットは女性をメインとしたクルマというコンセプトは変わらないですが、ミラココアはベースモデルがあって、女性向けにデコレーションしたモデルでした。近年は若年女性の感性は変化しており、デコーレション(盛り)ではなく、素のかわいらしさを重視することがわかり、徹底してシンプルな魅力にこだわった」と話してくれました。

ミラ トコットがこだわったポイントは3点。まず、誰にでもやさしいパッケージや装備による安心・安全性能。2つ目は個性を際立たせる3種類のアナザースタイルパッケージの設定。そして、軽自動車ならではのリーズナブルな価格です。

誰にでもやさしいパッケージや装備による安心・安全性能は、まず徹底的に運転のしやすさを追求しました。フロントピラーの角度を立てることにより死角を減らし、スクエアなボディと水平基調のインパネによって非常に車両感覚が把握しやすいです。また、正しいドライビングポジションを調整できるようにチルトハンドルや運転席シートリフターを装備。さらに低速域でのハンドル操舵力を軽くすることで、車庫入れなどがしやすくなるなど工夫が満載です。

さらに、軽自動車で初めてパノラマモニターとコーナーセンサーを両方設定し、駐車やバック時など視覚と聴覚のダブルサポートを行ってくれます。また、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」や誤発進抑制制御機能に加えて、万が一の衝突事故の際に威力を発揮するSRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ(前/後席)を全グレードに標準装備しています。

ミラ トコットをより個性的に引き立てるのが新採用されたアナザースタイルパッケージです。ホイールやドアハンドルなどをパールホワイトで彩ったスイートスタイル。質感の高さが特徴のエレガントスタイル。そしてブラックのパーツを多用したクールスタイルという3つのパッケージオプションを用意。またアクセサリーの一部をこれまでの販売店装着から工場での装着とすることで、無駄も省けるようになっています。

ミラ トコットはFF、4WDの両駆動方式で、4グレード合計8グレードを設定。ベーシックなL、運転支援システムを標準装備したL“SAIII”、USB電源ソケットをはじめ利便性の高いパーツが充実したX“SAIII””、そして最上級グレードの G“SAIII”を用意しています。パワートレインは直列3気筒DOHC+CVTのみで、JC08モード燃費は27.0〜29.8km/Lを実現しています。

車両本体価格は107万4600円〜142万5600円となっています。クルマの性能は決してスペックだけじゃない!という作り手の強烈なメッセージを感じられるクルマに仕上がっています。

(萩原文博)

【新車】ダイハツ・ミラ トコットは女性スタッフが考えた心遣いが詰まったみんなに優しい軽自動車(http://clicccar.com/2018/06/26/603099/)

【関連記事】【新車】軽自動車のエントリーモデルでも充実の安全装備を搭載したミラ・トコットが新登場スズキ・エブリイが国内累計販売300万台を達成。おしゃれな3つの新色を追加設定【新車】ホンダ・N-VANは名車「ステップバン」の再来だ!