タイで食べたたこ焼きの味は? 親日国タイは日本をこう見ている

タイで食べたたこ焼きの味は? 親日国タイは日本をこう見ている

タイで食べたたこ焼きの味は? 親日国タイは日本をこう見ているの画像

スーパーGT2018の第4戦は、日本を飛び出しタイ王国ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットで開催されています。

タイと言えばどんなイメージでしょうか? 微笑みの国? 辛いものやパクチーなど刺激的な食べ物が多い? クルマに詳しい人なら自動車産業が盛ん? そして、親日である印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

実際、タイの人は優しくにこやかに感じますし、日本ブランドをリスペクトしてくれているようにも思えます。

そんなタイで行われるスーパーGT会場では、「Japanese Street Festival」とした日本文化紹介コーナーを設えてくれていました。

まずは食べ物。ほとんど海外では見ることのない「たこ焼き」があります。日本人の皆さんはたこ焼きをご存知ですよね? ソース味でちょっと焦げ目のついたまん丸い中からフワッと熱々トロトロの中身とタコがコロンと出てくるやつですよね。

こちらのたこ焼きは、贅沢にもたこ焼き1個につきタコが1匹使われています! おそらくイイダコの類だと思いますが、たこ焼き器にタネを流し込んだ上に豪快にも開いた足を上にして丸ごと載っけられています。インパクトありますよ。

そして、このたこ焼きは丸くしません。そのままです。注文すると3ケほどを紙箱に入れて、ソース、青海苔の代わりに刻み海苔、マヨネーズをかけてくれて出来上がり。食べやすくなるよう、ハサミでタコは半分に切ってくれています。

お味の方は、飲み物と同様でしょうか、ソースはかなり甘めです。たこ焼き1個あたりのタコの〆る割合が非常に高いので、ほとんどタコを食べている感じです。たこ焼きとは少しだけ趣が違うものの、これはこれで美味しかったです。海苔の風味もグッドでした。

そのほかにあったのは、ししゃものフライ、焼き芋を食べやすく切ったもの。「NIKUYA」で売っていた肉を使わない料理、「YAKUZA」で売ってた餃子など、それらが日本食として定着しているのか、このために試しに作ってみたのかわかりませんが、楽しめるように工夫がされているのは十分に感じられました。

その他のコーナーでは、クレーンゲームと音楽に合わせてリズムを取るゲームやガシャポンが置かれたゲームセンターコーナー、フィギュアやグッズなどキャラクター商品が置かれたコーナー、アニメ風の絵を描いてくれるコーナー、なぜかスニーカーやバッグを売っているコーナーがありました。

日本を理解し、広めてくれようとしている姿勢がとても好印象でした。

そのほかに人気なのは、ドリキンこと土屋圭市さん、日本が発祥と言われるレースクイーン、コスプレーヤーたちも日本を代表する人気者であると実感しました。

そんな風によく思われていると思われる日本を背負っているジャパニーズブランドのメーカー・ブースにも行ってみます。

トヨタブースでは、タイの主力商品、ピックアップトラック「ハイラックス」のラジコンによる競技が行われ、量販乗用車であるVIOSのワンメークレース競技車両、カローラのレース仕様、最新のC−HRハイブリッドのカットモデルなどを展示してあります。

お隣のホンダブースでは、主力車種である「JAZZ」(日本名フィット)の展示や、レースゲームによる賞品の争奪レース、などが行われています。

そしてブリヂストンブースでは、こちらでは人気と思われる日本車のチューンドスポーツモデルの展示があり、訪れた時はたまたま大勢の現地関係者への応援のためと思われるフェイスペイントを施していました。

CASIOブースではEDIFICEブランドのTOM’Sコラボ限定モデルのアピール、NIKONブースではSNSと連動した記念写真コーナーを設けていました。

自動車に限らず多くのメーカーや企業が進出しているタイ。もっともっと交流し、微笑み会える関係性をさらに深めていってほしい、それは他の国ともそうあって欲しい、とブリラムの地で感じたのでした。

(clicccar編集長 小林 和久)

タイで食べたたこ焼きの味は? 親日国タイは日本をこう見ている(http://clicccar.com/2018/07/01/605048/)

【関連記事】【SUPER GT2018】今シーズンの注目マシンHONDA NSX GT3、タイ戦では予選中にタイヤ交換で挑んだ「Modulo KENWOOD NSX GT3」【SUPER GT2018】タイラウンド予選は大雨のスコールあり、同一タイムあり、タイム抹消あり、波乱万丈の展開となった! 結果PPは?連続表彰台を目指すスバル、タイ戦へ!【#スバコミ SUBARU MOTOR SPORT 応援プロジェクト】