MINI初のEV、デジタルコックピットをキャッチ!

MINI初のEV、デジタルコックピットをキャッチ!

MINI初のEV、デジタルコックピットをキャッチ!の画像

MINI初の市販型EV「MINI エレクトリック」(仮称)のコックピットを初めてカメラが捉えました。

スクープしたキャビンには、MINI初となるデジタルクラスターが採用されそうです。そこには最終生産型ではないですが、メルセデスのデュアルディスプレイセットアップの小型版のような楕円形デジタルディスプレイが装備されているのがわかります。またBMW風縦型シフターも確認出来ます。

エクステリアはベースのハッチバックと大きな違いはないと推測され、違いはグリルレスのフロントマスク、エキゾーストパイプのないリアバンパーや充電口を持つ程度となりそうです。キャッチしたプロトタイプに装着されているホイールは、仮のもののはずです。

パワートレインに関しては謎が多いですが、噂によると単体の電気モーターがフロントにマウントされ、BMWのディンゴルフィング工場とランツフート・コンポーネント工場から供給されるといいます。

そのパフォーマンスは、1度の充電で航続400kmを目指し開発が進められているといい、急速充電では約40分で最大80%の充電を完了します。最高出力170ps、最大トルクは250Nmを発揮、0-100km/h加速は7.3秒と予想されています。

世界初公開の場は早くとも2019年後半と予想されています。

(APOLLO)

MINI初のEV、デジタルコックピットをキャッチ!(http://clicccar.com/2018/09/06/624481/)

【関連記事】アベンジャーズ新作へのメッセージ!? フォーカスST次期型に謎のステッカー発見「ピックアップ」や「カブリオレ」は期待できる!? スズキ・エスクード改良型への3つの提案新型アウディ・A3の開発車両を初キャッチ! EVやクーペを設定も3ドア廃止の噂