【新車】直列6気筒エンジン+ISG+電動スーパーチャージャーを搭載。ハイパフォーマンスな「メルセデス AMG53」シリーズ

【新車】直列6気筒エンジン+ISG+電動スーパーチャージャーを搭載。ハイパフォーマンスな「メルセデス AMG53」シリーズ

【新車】直列6気筒エンジン+ISG+電動スーパーチャージャーを搭載。ハイパフォーマンスな「メルセデス AMG53」シリーズの画像

メルセデス・ベンツがSクラスやCLSクラスにも導入されているISG+48Vシステム搭載車のバリエーションを増やしています。

2018年9月6日に発表された「メルセデス AMG53」シリーズは、Eクラス(セダン、ワゴン、クーペ、カブリオレ)、CLSに追加されたハイパフォーマンスモデル。

直列6気筒エンジン、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システムの搭載に加えて、スーパーチャージャーも積み、可変トルク配分も採用。ハイパフォーマンスな走りと快適性を兼ね備えた仕様です。

加速時には、モーターによる駆動アシストや電動スーパーチャージャーによる過給を行い、変速を素早く行うためにモーターを制御することで、電気システムをハイパフォーマンスのために積極的に利用する新しいコンセプトを実現。

「ISG」は、エンジンとトランスミッションの間に配置された最高出力16kW 、最大トルク250Nmを発生する電気モーターが組み込まれていて、オルタネーターとスターターの機能も兼ねています。

「メルセデス AMG53」で注目したいのが、新型「M256」エンジン。電化を前提 にして設計され、SクラスのS 450 に搭載されるエンジンに大型ターボを組み合わせることにより、単体で最高出力 435PS(320kW)、最大トルク 520Nm を発生(S 450 比 最高出力+68PS(50kW)、最大トルク+20Nm)。

駆動方式はメルセデスAMGによる新しい四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」が採用されています。前後トルク配分を「50(前):50(後)」 から「0(前):100(後)」の範囲で可変トルク配分を行うことで、四輪にハイパワーを最適に配分できます。

また、連続可変ダンパーの「ADS+(アダプティブダンピングシステム)」が採用されたマルチチャンバー型エアサスペンションの搭載により、コンフォート、スポーツ、スポーツプラスの3モードでメリハリある走り、乗り味が得られるそう。

「メルセデス AMG E 53 4MATIC+ 」の価格は12,020,000円、「メルセデス AMG E 53 4MATIC+ ステーションワゴン」は12,390,000円、「メルセデス AMG E 53 4MATIC+ クーペ」は12,130,000円、「メルセデス AMG E 53 4MATIC+ カブリオレ」は12,680,000円。そして、「メルセデス AMG CLS 53 4MATIC+」が12,740,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】直列6気筒エンジン+ISG+電動スーパーチャージャーを搭載。ハイパフォーマンスな「メルセデス AMG53」シリーズ(http://clicccar.com/2018/09/06/626223/)

【関連記事】ついに新型EV「EQC」がメルセデス・ベンツから登場!2019年上半期から生産へ小さいながら本格ボクシースタイルに注目! メルセデス・ベンツの新型オフローダー「GLB」の最新プロトをキャッチ前後大胆チェンジで10月デビュー!? メルセデスAMG GT改良型は500馬力へパワーアップ