使ったブロックは100万以上! レゴが本物そっくりの「ブガッティ シロン」を作ってテストコースで走らせたッ

使ったブロックは100万以上! レゴが本物そっくりの「ブガッティ シロン」を作ってテストコースで走らせたッ

使ったブロックは100万以上! レゴが本物そっくりの「ブガッティ シロン」を作ってテストコースで走らせたッの画像

子供はもちろん大人にも熱烈なファンを持つブロック玩具・レゴ。時々「レゴ職人」といわれる方たちのドギモを抜く作品が世間を賑わせますが、今度はレゴの「中の人」がやってしまいました。

レゴ・テクニックの新作「ブガッティ シロン」の発売を記念して、レゴが実物大の「レゴ・シロン」を作ってしまった…まではなんとなく想像がつくのですが、なんとこのレゴ・シロン、自力でテストコースを走ってしまったのです。

ちなみにブガッティ シロンとは、荘厳なスーパーカー界の中でも頂点に君臨する超ド級マシンです。2016年に500台の生産が発表されたのですが、お値段はなんと3億円!

早速、レゴが作った動画を見てみましょう。こちらが「レゴ シロン」。使ったレゴブロックは100万点以上(!)とのこと。

ライトも点灯しますし、ウインカーも作動します。

1500馬力を発揮する8リッターW型16気筒クワッドターボエンジンに代わって搭載されたのは2304個のレゴ用モーター。本物の最高速は420km/hですが、こちらはおよそ20km/hが出せるそうです。

テストコースでこのクルマをドライブしたのは、ブガッティのテストドライバー、アンディ・ウォレス氏。間違いなく、彼の生涯で最もゆっくり走るテストドライブでしょう。

可動式のリアウイングもしっかり動きます。ちなみにレゴ以外のパーツを使っているのは、タイヤとホイール、そしてブガッティのエンブレムだけだそうです。

走行映像だけでなくメイキング映像も公開しています。こちらには、16名の制作チームが1万3000時間以上を注ぎ込んだ努力の過程が記録されています。

驚いたのは、ボディだけでなく組み立て工具までレゴでできていること! クルマのネジを締めるより、自分の頭のネジを巻いてほしいものです(←)

ちなみに、私たちが手に入れられるレゴ・テクニック版ブガッティ シロンのコマーシャル映像もあります。

W型16気筒エンジンも忠実に再現しています。

総ピース数3599点、価格6万円というゴージャスなモデルですが、なんせ本物は3億円ですから、感覚がマヒして買ってしまいそうです。

それにしてもレゴ、やりますなあ。こういう会社、ほんと嫌いじゃないです。

(角田伸幸)

https://www.youtube.com/watch?v=ZQdlCQmzUAM

https://www.youtube.com/watch?v=n-RtJOfFlZU&t=59s

https://www.youtube.com/watch?v=emC1JswuaE4

使ったブロックは100万以上! レゴが本物そっくりの「ブガッティ シロン」を作ってテストコースで走らせたッ(http://clicccar.com/2018/09/06/626342/)

【関連記事】ブガッティ・シロンに高い開放感と強度を誇る新オプションの「スカイビュー」を追加設定ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表新車価格・約3億6000万円!100台目のブガッティ・シロンがラインオフ。オーナーは誰?