【新車】三菱・RVRが一部改良。先進予防安全技術「e-Assist」を全車に標準装備

【新車】三菱・RVRが一部改良。先進予防安全技術「e-Assist」を全車に標準装備

【新車】三菱・RVRが一部改良。先進予防安全技術「e-Assist」を全車に標準装備の画像

軽自動車とSUV、EVやPHEVに注力している三菱自動車。9月6日、同社のコンパクトSUVのRVRが一部改良を受けました。

安全装備の充実化が目的で、衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームからなる予防安全技術「e-Assist」の全車標準装備化が図られています。

さらに、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)、後退時車両検知警報システムを全車にメーカーオプションで設定。

なお、昨年10月に発売した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」も継続販売されます。RVRの価格帯は、2,104,920円〜2,757,240円。「ACTIVE GEAR」の価格帯は、2,455,920円〜2,757,240円です。

(塚田勝弘)

【新車】三菱・RVRが一部改良。先進予防安全技術「e-Assist」を全車に標準装備(http://clicccar.com/2018/09/07/626403/)

【関連記事】【新車】アバルト595に最新の車載インフォテイメントシステム「Uconnect」が搭載【新車】LSと同時にレクサスLCも一部改良。乗り心地と操縦安定性を向上【新車】レクサスRCがマイナーチェンジ。LC譲りのエレガントな外観と高い走行性能を獲得