【新車】レガシィ・アウトバック/B4が一部改良。衝突被害軽減ブレーキを改良し、特別仕様車「アウトバック X-BREAK」を同時設定

【新車】レガシィ・アウトバック/B4が一部改良。衝突被害軽減ブレーキを改良し、特別仕様車「アウトバック X-BREAK」を同時設定

【新車】レガシィ・アウトバック/B4が一部改良。衝突被害軽減ブレーキを改良し、特別仕様車「アウトバック X-BREAK」を同時設定の画像

2018年9月10日、SUBARUの最上級モデルで、ステーションワゴン派生型のクロスオーバーSUVであるレガシィ・アウトバック、セダンのレガシィB4を改良、10月4日から発売すると発表しました。

今回の一部改良では、全車で「アイサイト」のプリクラッシュブレーキ制御を改良。アイサイトの認識対象が車両と同一方向に進行する歩行者や自転車の場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上させたとしています。

さらに、低速走行中に、前方に障害物があるにもかかわらず、誤ってアクセルを踏み込んだ際(車両が判断した場合)、プリクラッシュブレーキを作動させることで、衝突回避をアシストする機能が追加されています。

一部改良に加えて、60周年特別記念車として、レガシィ アウトバック「X-BREAK」が追加されます。フォレスターでもお馴染みの「X-BREAK」は、よりアウトドアイメージが強調された仕様。

レガシィ アウトバック「X-BREAK」も「シーンを選ばずに幅広いフィールドで活躍できるアクティブな道具」をコンセプトに掲げ、同車の特徴である上質さに、アウトドアスポーツギアのファッション性と機能性を融合。日常と非日常を楽しむライフスタイルに合う特別仕様車に仕上げられています。

「X-BREAK」のインテリアは、撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせることで、機能性を高めた専用シートを採用。また、「Limited」グレードでピアノブラック調加飾やシルバー加飾を用いている場所に、重厚感のあるブラックを採用するとともに、インパネやシフトブーツにアクセントとしてイエローグリーンステッチが配され、スタイリッシュで洗練されたイメージを表現したとしています。

外観は内装と同様、ブラックとイエローグリーンでコーディネートされたフロントグリルとドアサイドクラッディングを採用。ダークメタリックの18インチアルミホイールやブラックのドアミラーカバーと組み合わせるとともに、可動式クロスバーが内蔵された大型ブラックルーフレールを採用により、SUVらしいスタイリングと機能性を両立。

価格帯は、レガシィ・アウトバックが3,294,000円〜3,564,000円。B4が3,024,000円〜3,240,000円。レガシィ・アウトバック「X-BREAK」は、3,402,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】レガシィ・アウトバック/B4が一部改良。衝突被害軽減ブレーキを改良し、特別仕様車「アウトバック X-BREAK」を同時設定(http://clicccar.com/2018/09/11/627853/)

【関連記事】スバル・R2のネット個人取引で実感。中古車にはオーナーのカーライフが宿る!【Let’s Enjoy ”軽道楽”・その3】【新車】アクアの背高モデル「Crossover」に、シックな内装と人気オプションを装備した特別仕様車「Crossover Glam」が設定【新車】人気SUVのトヨタ・ハリアーに上質な雰囲気を強調した2台の特別仕様車が設定