【新車】新型フォレスターが月間計画台数の5倍、13,282台を受注! 試乗できていないハイブリッド「e-BOXER」の割合は?

【新車】新型フォレスターが月間計画台数の5倍、13,282台を受注! 試乗できていないハイブリッド「e-BOXER」の割合は?

【新車】新型フォレスターが月間計画台数の5倍、13,282台を受注! 試乗できていないハイブリッド「e-BOXER」の割合は?の画像

2018年5月18日に先行予約を開始し、6月20日に発表された新型フォレスター。中期経営計画「STEP」では、SUVのラインナップ強化、バリエーション充実、スポーツモデルの充実、STIモデルの進化、「SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)の進化」などが盛り込まれ、主力モデルのフルモデルチェンジを毎年行うとしています。

先陣を切る新型フォレスターは、先行予約から約4か月となる9月13日時点で累計受注台数が13,282台に達したと発表しました。

約4割を占めるというマイルドハイブリッドの「e-BOXER」搭載車「Advance」は、2018年9月15日〜17日、22日〜24日に新型フォレスター「Advance」デビューフェアが行われますから、試乗せずにオーダーした方ばかりということになります。ホンダCR-V、アウトランダー(アウトランダーPHEV)といったSUVも登場し、これからが商戦が本格化するともいえるかもしれません。

グレード別の台数を見ると、先述したように「Advance」が40%(5,293台)、「Premium」が33%(4,384台)、「X-BREAK」が18%(2,345台)、「Touring」が9%(1,260台)となっています。

人気グレード「Advance」のボディカラー別では、「クリスタルホワイト・パール」が38%、「クリスタルブラック・シリカ」が17%、「アイスシルバー・メタリック」と「ホライゾンブルー・パール」が9%、「ダークグレー・メタリック」「ダークブルー・メタリック」が6%、「セピアブロンズ・メタリック」と「ジャスパーグリーン・メタリック」と「クリムゾンレッド・パール」が5%となっています。

さらに「Advance」の人気オプション装備として、同グレード専用の本革ブラウン内装(31%)が人気で、本革ブラックは10%。先進安全装備「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」は約80%という装着率になっています。

(文/塚田勝弘 写真/前田惠介、SUBARU)

【新車】新型フォレスターが月間計画台数の5倍、13,282台を受注! 試乗できていないハイブリッド「e-BOXER」の割合は?(http://clicccar.com/2018/09/15/629128/)

【関連記事】【新型フォレスター e-BOXER 試乗】2L+e-BOXERはモーターアシストを活かした力強い加速が魅力SUBARU BRZがハンドリングを向上させる一部改良を実施新型スバル・フォレスター(北米・中国モデル)のOEタイヤにファルケンの「ZIEX ZE001 A/S」が選定