【三菱・アウトランダーPHEV試乗】各部のリフレッシュで走りが一気にグレードアップ

【三菱・アウトランダーPHEV試乗】各部のリフレッシュで走りが一気にグレードアップ

【三菱・アウトランダーPHEV試乗】各部のリフレッシュで走りが一気にグレードアップの画像

マイナーチェンジされたアウトランダーPHEVは、ハンドリングに影響するさまざまな部分も変更を受けています。

まず、走りの質に大きく影響するボディは構造用接着剤を多用して剛性をアップしています。こうしたうえで、ノーマルタイプのショックアブソーバーの容量を向上、ステアリングギヤ比をクイックなものとしています。60km/h・30度くらいの切れ角のコーナーで、新旧でこぶし半分程度の切れ角に差があります。転舵した瞬間の動きにもシャープさが増していました。

アウトランダーPHEVは前後にモーターを備えた4WD方式です。今回のマイナーチェンジで従来のノーマル、ロックの2モードに加えて、スポーツ、スノーの2モードが加わり、全4モードの走行モードが選べるようになりました。

スポーツモードのときはつねにエンジンが作動していてすぐにモーター駆動に対するアシストが行えるほか、強化されたリヤモーターが強く働くようになりました。

スポーツモードで走っていると力強い加速を得られるだけでなく、コーナーリング時のスムーズさが増しています。スポーツモードでは駆動力配分がリヤよりになっているので、コーナリング時にフロントタイヤの受け持つグリップをコーナリングに多く使えます。この効果が素直に現れていて、コーナーのスムーズさが向上しているのでしょう。

今回のマイナーチェンジではノーマルタイプのショックアブソーバー(KYB)の容量アップが行われたのですが、このショックのフィーリングがかなり良いです。足まわりはしっかりと動きながらも、グッと踏ん張るような動きを示します。細かい振動などもしっかりと吸収してくれる部分がとくにいいフィーリングです。

従来モデルだとビルシュタインダンパーのほうがいいフィーリングを示したのですが、今回はこちらのノーマルのKYBダンパーのほうがいいフィーリングでした。

(文/諸星陽一 写真/前田恵介)

【関連記事】

【三菱・アウトランダーPHEV試乗】ハイブリッドが熟成期に入ったことを示唆する新しい考え方
https://clicccar.com/2018/09/17/627910/

【三菱・アウトランダーPHEV試乗】各部のリフレッシュで走りが一気にグレードアップ(http://clicccar.com/2018/09/17/629568/)

【関連記事】【新車試乗】スバル・フォレスターの2.5リッター直噴エンジンは高速燃費が優秀。だから遠くに行きたくなる【三菱・アウトランダーPHEV試乗】ハイブリッドが熟成期に入ったことを示唆する新しい考え方新型フォレスターをスバリスト目線で徹底チェック!ターボモデルのニーズを満たすのはどのモデル?【試乗編】