【GTCジャパン2018】ディープラーニングを採用したパナソニックの顔認証システムは倍以上の精度を実現

【GTCジャパン2018】ディープラーニングを採用したパナソニックの顔認証システムは倍以上の精度を実現

【GTCジャパン2018】ディープラーニングを採用したパナソニックの顔認証システムは倍以上の精度を実現の画像

2017年、ディープラーニング(機械学習)と類似度計算手法を組み合わせることにより、世界最高水準の顔認証システムを生み出したパナソニックが、さらにレベルアップを図ります。

2018年9月13〜14日に開催されたGTCジャパンにおいて、パナソニックはエヌビディアのディープラーニング顔認証システム FacePROを用いることで、認証精度の向上を実現したことを発表しました。

複数のディープラーニングのアルゴリズムを実装、リアルタイムに高速処理が求められるFacePROには、高性能なエヌビディアのGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)が不可欠であり、同社のテクノロジーがあってこそ実現できた高性能といえます。

2017年の段階で、人間の目でも顔の判別が困難な左右90度近い横向き、照明の明暗が強い屋外環境、サングラス・マスクなど一部顔が隠れているような状態でも顔照合が可能となっていましたが、新しい顔認証システムは倍以上の認識精度を実現したということです。

雑踏から指名手配犯の発見、迷子の探索、タイムカード代わりの出退勤管理など、様々なシチュエーションにおいて活用が期待される高精度な顔認証システム。未来の路上環境を大きく変えてしまいそうです。

(山本晋也)

【GTCジャパン2018】ディープラーニングを採用したパナソニックの顔認証システムは倍以上の精度を実現(http://clicccar.com/2018/09/17/629942/)

【関連記事】【GTCジャパン2018】ヤマハが陸海空の自律モビリティを実現するために選んだAIとは?【GTCジャパン2018】生産ロボが頭脳を持つ! AI ロボティクス プラットフォームを日本の4社が採用いすゞ自動車がNVIDIA(エヌビディア)のプラットフォームを使って自動運転技術確立を目指す