【新車】0-100km/h加速2.9秒を誇る特別なモデル、1人乗りの「フェラーリ モンツァSP1」、2シーターの「モンッア SP2」を発表

【新車】0-100km/h加速2.9秒を誇る特別なモデル、1人乗りの「フェラーリ モンツァSP1」、2シーターの「モンッア SP2」を発表

【新車】0-100km/h加速2.9秒を誇る特別なモデル、1人乗りの「フェラーリ モンツァSP1」、2シーターの「モンッア SP2」を発表の画像

2018年9月18日、フェラーリは新型「フェラーリ モンツァSP1」「モンッア SP2」を発表しました。 この2台の限定仕様は「Icona(イーコナ)」とネーミングされた新セグメント初のモデル。

ターゲットは、とくに重要な顧客やフェラーリのコレクターだそうで、「フェラーリ モンツァSP1/SP2」は「750 モンッア」「860 モンッア」などのネーミング、過去の象徴的なフェラーリ・レーシング・バルケッタの祖となる1948年の「166MM」を彷彿とさせる要素が注入されています。

「フェラーリ モンツァSP1」は、妥協のないシングルシート・ロードカーとして設計。一方の「SP2」はトノカバーが廃され、「セカンドウインド・プロテクター」とロールバーを追加装備することで、ドライバーだけでなく、パッセンジャーもスペシャルなドライビング・エクスペリエンスを提供する2シーターとなっています。

2台ともに、ユニークなデザインも見どころで、広範囲にわたるカーボンファイバー素材の採用、気品をさらに高めるヘッドライトやテールライトをはじめ、 ホイールからインテリアなどの特徴的な細部によってバルケッタ史上最高のパワーウエイトレシオを実現しているそう。

具体的には、同社の市販エンジン史上最強となる出力810cvのV12エンジンを搭載し、0-100km/h加速2.9秒、 0-200km/h加速7.9秒という驚愕といえる俊足を誇ります。

さらに、ルーフおよびウィンドスクリーンを持たないこのふたつのモデルのアーキテクチャは、伝統的なスパイダーでは不可能なプロポーションを実現。

その結果、F1を頂点としたフォーミュラドライバーでなければ体験できない異次元のオープンエア・スピードを味わえるそう。これは、ボリューム感のあるボディに、 必要最小限のドライバーの周囲を包み込むような開口部を設けたコックピット・コンセプトにより得られたとしています。

また、レーシングカーと同様、2つのモデルともにボディシェルはすべて軽量カーボンファイバー製。インテリア全体も同じ素材で仕立てることで、 スポーティーなインパクトあるデザインが強調されています。

この2台のオーナー限定で、「ロロ・ピアーナ」「ベルルッティ」というラグジュアリー・ブランドとのコラボによるレーシングスーツやジャージ、ヘルメットやグローブ、スカーフ、レーシングシューズなどのコレクションも用意されています。

(塚田勝弘)

【新車】0-100km/h加速2.9秒を誇る特別なモデル、1人乗りの「フェラーリ モンツァSP1」、2シーターの「モンッア SP2」を発表(http://clicccar.com/2018/09/20/630747/)

【関連記事】フェラーリが700万円で買える!? ハッチバックモデル発売の可能性を探るフェラーリが直4・電動ターボを計画か? 復活する新型「ディーノ」へ搭載の噂フェラーリの2019年に注目!初のSUVと豪華スパイダーを計画中?