【SUPER GT2018 第6戦・SUGO】RAYBRIG NSX-GTとSUBARU BRZ R&D SPORTがともにポールトゥウイン! 優勝のその瞬間、チームは?

【SUPER GT2018 第6戦・SUGO】RAYBRIG NSX-GTとSUBARU BRZ R&D SPORTがともにポールトゥウイン! 優勝のその瞬間、チームは?

【SUPER GT2018 第6戦・SUGO】RAYBRIG NSX-GTとSUBARU BRZ R&D SPORTがともにポールトゥウイン! 優勝のその瞬間、チームは?の画像

9月16日にスポーツランドSUGOで決勝レースが開催されたSUPER GT第6戦「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE」。

GT500クラスではRAYBRIG NSX-GT、GT300クラスではSUBARU BRZ R&D SPORTが、ともにPOLE to WINという記録的な勝利を収めています。

GT500クラスのRAYBRIG NSX-GTは終盤に入ったセイフティーカーによりアドヴァンテージが帳消し。ドライバーのジェンソン・バトン選手にとっては残り6周で超スプリントレースとなり背後に迫るライバルをかわしながらのチェッカー!その差0.562秒。

ピットでバトン選手の勝利を見届けた山本尚貴選手はピットフェンスからバトン選手を祝福すると、天を仰ぎ勝利を実感します。バトン選手にとってはSUPER GT初勝利。パルクフェルメでは高橋国光監督とガッチリと喜びの握手!

これまでの最高位は岡山と鈴鹿での2位。なかなか優勝が出来なかったRAYBRIG NSX-GTでしたが、SUGOでの優勝はチームにとってもバトン選手にとっても大きな喜びとなっていたようです。

その喜びは表彰式のスパークリングファイトでも発揮されます。もはやはしゃぎ過ぎのバトン選手!

GT300クラスではSUBARU BRZ R&D SPORTがポールポジションからの完全優勝。

SUBARU BRZ R&D SPORTはセイフティーカー明けでもダントツの速さを魅せ、2位に6秒と以上という大差をつけての優勝。

ゴール直前、SUBARU応援席の応援団は最高潮に達します。そして感動のチェッカーフラッグ!

2016年の鈴鹿1000kmから約2年ぶりの優勝とあって、ピットフェンスでの山内英輝選手の歓喜は非常に大きなもの。

その喜びをまずピット正面のSUBARU応援席の応援団に拳を上げて伝えると、渋谷監督などと抱き合って喜びを分かち合います。

レースクイーンも嬉し涙をこぼす感動のシーンとなりました。

2年ぶりの優勝だけでも感動的なところにポールポジションからの優勝という完全勝利でSUGO戦を飾ったSUBARU BRZ R&D SPORT。その喜びはいっそう大きなものとなったことでしょう。

次戦は10月20〜21日、大分県オートポリスでの第7戦。ウェイトが半分となり各車のハンデも軽減されるため、よりいっそう激しいバトルが予想されます。自力でチャンピオンを獲得する可能性のあるクルマが10台以上もいる中での第7戦。はたしてどんなドラマを見せてくれるのでしょうか。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

【SUPER GT2018 第6戦・SUGO】RAYBRIG NSX-GTとSUBARU BRZ R&D SPORTがともにポールトゥウイン! 優勝のその瞬間、チームは?(http://clicccar.com/2018/09/28/631077/)

【関連記事】【SUPER GT2018 第6戦・SUGO】今年も魔物が現われる。SC明け7周の超スプリントレースは手に汗握る大興奮【SUPER GT2018 第6戦・SUGO】3位との差は0.057秒! 劇的なフィニッシュでModulo KENWOOD NSX GT3今期最高位の4位!!穴場は「金曜日」。マシンは走らないけど、憧れのドライバーに会えるチャンス!【ジェンソン・バトン応援観戦記〜SUPER GT2018 第6戦 SUGO・前編〜】