【新車】新型アルピーヌ A110に用意される2モデル、「ピュア」と「リネージ」の装備の違いは?

【新車】新型アルピーヌ A110に用意される2モデル、「ピュア」と「リネージ」の装備の違いは?

【新車】新型アルピーヌ A110に用意される2モデル、「ピュア」と「リネージ」の装備の違いは?の画像

9月25日から10月24日までアルピーヌ・ジャポンのホームページで予約を開始する新型アルピーヌ A110。9月21日にカタログモデルである「ピュア」と「リネージ」がお披露目されました。

両モデルともにデリバリーされるのは来年からで、日本が世界に先駆けて最初の納車になるそうです。

50台限定の「プルミエール・エディション」の導入から始まった新型アルピーヌ A110。同限定車の抽選後も「カタログモデルの登場はいつか? まだか?」といった問い合わせが多かったそう。

旧型アルピーヌからの買い替え(買い増し?)派よりも、複数台クルマを所有する層から熱い視線を集めているとのこと。おそらく、ポルシェ・ボクスターやケイマン、アルファ ロメオ4Cといったスポーツカーと比較する方が多いという予想をしているようです。

カタログモデルは、車両重量を1100kgに抑えた「A110 ピュア」と1130kgの「A110 リネージ」があり、前者はエントリーグレードという位置づけではあるものの、徹底した軽量化によるフットワークの良さを身上とする同車では、わずか20kg差とはいえ軽さが魅力です。

一方の「リネージ」は、装備を充実化させたモデル。6ウェイのスポーツシート、ブラックの専用18インチアルミホイール(ピュアはシルバーの鍛造18インチアルミホイール)を履き、ブラックのブレーキキャリパーとなるなど、大人の雰囲気が漂います。

上級の「リネージ」にあって、「ピュア」には用意されない装備は、ブラウンのサベルト製スポーツシート(ピュアはサベルト製軽量モノコックバケットシート)。シートリフター、シートヒーター、レザーステアリング、ブラックステアリングセンタートリム(ピュアはブルーステアリングセンタートリム)。

さらに、内装のトリム類も「リネージ」は、ブリリアントカーボン/アルミ/レザーインテリアとなっています。なお、「ピュア」は、マットカーボン/アルミ/レザーインテリア。

オーディオは両グレードともに7インチマルチファンクションタッチスクリーンが標準で、「ピュア」はフォーカル製軽量4スピーカーを用意。「リネージ」には、同スピーカーに加えて、サブウーファーが備わります。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連リンク】

【新車】新型アルピーヌ A110のカタログモデルの予約がスタート。価格は790万円〜841万円
https://clicccar.com/2018/09/22/631707/

新型・アルピーヌA110は50台限定のローンチエディションだけでなく、来年にはカタログモデルも登場
https://clicccar.com/2018/06/23/602457/

【新車】新型アルピーヌ A110に用意される2モデル、「ピュア」と「リネージ」の装備の違いは?(http://clicccar.com/2018/09/22/631867/)

【関連記事】【新車】新型アルピーヌ A110のカタログモデルの予約がスタート。価格は790万円〜841万円【新車】新型アルピーヌA110に2グレードが新設定。9月21日に発表新型アルピーヌA110 のドライブは「腕ではなく腰でする!」、その意味は?