【新型ボルボ・V60登場】新世代モジュラーアーキテクチャーSPAを採用。PHVモデルも上陸予定

【新型ボルボ・V60登場】新世代モジュラーアーキテクチャーSPAを採用。PHVモデルも上陸予定

【新型ボルボ・V60登場】新世代モジュラーアーキテクチャーSPAを採用。PHVモデルも上陸予定の画像

フルモデルチェンジし2代目となったV60は、2014年に発表されその後90シリーズ、60シリーズに展開されている新世代のモジュラーアーキテクチャーであるSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)を採用したモデルです。このアーキテクチャーは電動化も見据えたアーキテクチャーで、将来性も高いものとして評価されています。

新型V60のホイールベースは2870mmで先代モデルより95mm長くなっています。ボディサイズは全長4760mm・全高1435mm・全幅1850mmで、先代と比べると長く低く、少し幅が狭くなりました。

V60に用意されるパワーユニットは、まずは2リットル4気筒のピュアガソリンエンジンのFFのT5です。スペックは254馬力/350Nmで8速のATが組み合わされます。

その後来年3月よりプラグインハイブリッドのデリバリーが予定されています。プラグインハイブリッドは2種あります。ともに2リットルガソリン4気筒エンジンにモーターを組み合わせるシステムですが、スペックは異なります。T6ツインエンジン4WDと呼ばれるモデルはエンジン(253馬力/350Nm)+モーター(87馬力/240Nm)。T8ツインエンジン4WDはエンジンが318馬力、400Nmにパワーアップされます。いずれも組み合わされるミッションは8ATです。

(文・諸星陽一/写真・小林和久)

【関連記事】

【新型ボルボ・V60登場】マイナス15mmの幅は日本のために。先代よりコンパクトになったボディ
https://clicccar.com/2018/09/25/632155/

【新型ボルボ・V60登場】新世代モジュラーアーキテクチャーSPAを採用。PHVモデルも上陸予定(http://clicccar.com/2018/09/25/632456/)

【関連記事】【新型ボルボ・V60登場】スタイリッシュさにあふれつつも高い実用性を確保。さらに走りはスポーティ【新型ボルボ・V60登場】4輪独立懸架とボルボらしい究極的安全装備【新型ボルボ・V60登場】マイナス15mmの幅は日本のために。先代よりコンパクトになったボディ