ポルシェがドイツ勢で初のディーゼル撤退表明。電動化第1弾は「TAYCAN」

ポルシェがドイツ勢で初のディーゼル撤退表明。電動化第1弾は「TAYCAN」

ポルシェがドイツ勢で初のディーゼル撤退表明。電動化第1弾は「TAYCAN」の画像

独ポルシェが9月23日、ディーゼル車の販売から撤退すると発表しました。

ドイツ勢でディーゼル車からの撤退を表明したのは同社が初めてで、オリバー・ブルーメ社長は「ディーゼル車無しでいくという結論に達した」としており、今後はHVやEVに注力するそうです。

これまでポルシェはVWグループのアウディからディーゼルエンジンを購入。「カイエン」や「マカン」に搭載してきましたが、ディーゼル車の需要低下から2017年の同社全体に占めるディーゼルモデルのシェアは12%に低下。今年2月以降はラインナップにディーゼル車を含んでいない状況。

日経新聞によると、西欧18カ国におけるディーゼル車のシェアはピーク時の2011年に56%を占めたものの、今年に入って37%まで減少しているそうで、都市部で広がるディーゼル車乗り入れ禁止の動きも消費者のディーゼル離れに拍車をかけ、スウェーデンではボルボがディーゼル車の販売から撤退を表明したほか、トヨタ自動車も欧州市場で販売を終了する方針を示しています。

https://www.youtube.com/watch?v=x4xJ-4piQxI

ポルシェは今後の電動化に60億ユーロ(約8,000億円)に上る投資を決定。2025年までに全モデルの50%を電動化するそうで、2019年にEV第1弾となる「TAYCAN(タイカン)」の発売を予定。

本格スポーツモデルをラインナップする同社ですが、今後は市場でモーター音のみで静かに加速するEVモデルが増える可能性もあり、往年のポルシェ・ファンは時代の流れを感じることになりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:PORSCHE)

【関連記事】

ポルシェ・ジャパンが70周年記念イベントを開催。「ミッションE」の発表で電動化にも意欲
https://clicccar.com/2018/06/01/595279/

EV時代のポルシェ・911? 「Mission E」の先行受注がスタート
https://clicccar.com/2018/04/28/584257/

フォーミュラEがEV開発の「走る実験室」に? ポルシェなど各社が参戦を発表
https://clicccar.com/2018/04/17/579917/

ポルシェがドイツ勢で初のディーゼル撤退表明。電動化第1弾は「TAYCAN」(http://clicccar.com/2018/09/25/632652/)

【関連記事】謎の装備「アクティブ・ウィング」の起動をキャッチ。ポルシェ・カイエンクーペ、コックピットも初公開VWが「MBE(モジュラー・エレクトリック・ドライブマトリックス)」を世界初公開。グループ全体で100万台のEV販売を目指す日野がVWのトラック部門トレイトン社と「電動車」開発で合弁会社設立へ