プレミア価格はすでに8億円。マクラーレンの新型ハイパーカー「スピードテール」、驚異の加速力が判明

プレミア価格はすでに8億円。マクラーレンの新型ハイパーカー「スピードテール」、驚異の加速力が判明

プレミア価格はすでに8億円。マクラーレンの新型ハイパーカー「スピードテール」、驚異の加速力が判明の画像

マクラーレン最強であり、ゴージャスなモデルと伝えられる新型ハイパーカー「スピードテール」の一部詳細が、車情報サイト「The Supercar Blog」の調べでわかりました。

「BP23」というコードネームで呼ばれていた「スピードテール」は、1993年の名車「F1」の後継モデルで、流線型ボディラインの3シートレイアウトが特徴とされています。

今回新たに発覚したのは、駆動方式がFWDと4WDということと、0-100km/h加速がわずか2秒という事です。ブガッティ「シロン」でさえ2.5秒ですから、その性能がいかに突出しているかわかります。

予想されるパワートレインは4リットルV型8気筒エンジン+電気モーターで、最高出力は「F1」を凌駕する987ps以上です。また最高速度は391km/hと伝えられており、やはり同ブランド最強モデルとなることは間違いありません。

販売価格は250万USドル(約2億8千万円)と高額ですが限定106台が既に完売。現在、8億円の値で取引されていると噂されています。

ワールドプレミアは10月12日と予想されています。

(APOLLO)

プレミア価格はすでに8億円。マクラーレンの新型ハイパーカー「スピードテール」、驚異の加速力が判明(http://clicccar.com/2018/09/28/633647/)

【関連記事】ブガッティ・シロンにハードコアモデル&オープンモデルが追加?最高出力300ps! VWのハイスペック新型SUV「T-Roc R」生産型を初キャッチBMW史上最強の直4搭載!3シリーズツーリング新型、ニュルで高速テストをスタート