ヨコハマタイヤのスタッドレスの史上「最高傑作」を謳うランフラット・スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6 Z・P・S」が登場

ヨコハマタイヤのスタッドレスの史上「最高傑作」を謳うランフラット・スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6 Z・P・S」が登場

ヨコハマタイヤのスタッドレスの史上「最高傑作」を謳うランフラット・スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6 Z・P・S」が登場の画像

地域によってはそろそろスタッドレスタイヤの準備、新規購入や買い替えを考えている方もいるでしょう。2018年9月28日、横浜ゴムは乗用車用スタッドレスタイヤの「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」のランフラットモデルとして「iceGUARD 6 Z・P・S」を2018年10月1日から発売すると発表しました。

発売時のサイズは、275/40RF20 102Q、245/45RF20 99Q、245/50RF19 105Q XL、225/60RF18 104Q XLの全4サイズ。価格はオープンプライスです。

ランフラットタイヤはパンクなどで空気が抜けた状態でも一定速度で一定距離を走行でき、パンク時の走行安全性の向上、スペアタイヤ不要による車両の軽量化や省資源化のほか、車両ユーティリティ向上などの利点があります。

サイドウォールには、ランフラットタイヤであることを示す「Z・P・S(Zero Pressure Systemの略)」マークが打刻されています。「iceGUARD 6 Z・P・S」は、昨年9月に発売され、同社がヨコハマ・スタッドレスタイヤの最高傑作と自負する「iceGUARD 6」がベース。

同社のグローバル・フラッグシップタイヤ「ADVAN Sport V105」のランフラットサイズにも搭載されている「Z・P・S ビードフィラー」が採用されています。「Z・P・S ビードフィラー」は、ビードフィラー小型化と2ndフィラーの組み合わせにより、ランフラット耐久に寄与。

さらに、専用プロファイル、構造を開発することで氷上性能、ウェット性能をはじめとする「iceGUARD 6」の優れた性能と、空気が抜けた状態(ゼロプレッシャー)での耐久性を高次元でバランスさせているそうです。

横浜ゴムは、独自開発のサイド補強型ランフラットタイヤ「Z・P・S」シリーズを展開していて、スタッドレスタイヤでは今回の「iceGUARD 6 Z・P・S」に加え「アイスガード トリプル Z・P・S」が販売されているほか、グローバル・フラッグシップタイヤ「ADVAN Sport V105」のランフラットサイズやV103系パターンを採用した「ADVAN Sport Z・P・S」を展開。

なお、横浜ゴムのランフラット・テクノロジーが採用されたタイヤは、プレミアムカーにも新車装着されています。BMW社のX3および新型X4には「ADVAN Sport V105の245/50R19 105W ★ RSC」、ダイムラー社の「メルセデス・ベンツGLAクラス」には「C.drive2の235/50R18 97V MOE」が納入されています。

(塚田勝弘)

ヨコハマタイヤのスタッドレスの史上「最高傑作」を謳うランフラット・スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6 Z・P・S」が登場(http://clicccar.com/2018/09/29/634096/)

【関連記事】災害レスキュー用にも使えそうな頼もしいヤツ! ヨコハマタイヤのホビータイヤ「GEOLANDAR X-MT」をチェック綾瀬はるかさんが登場するブリヂストン・ブリザックの新CMは、9月15日からオンエア22インチまで対応。横浜ゴムがSUV向けスタッドレス「iceGUARD SUV G075」に新サイズを追加