【ルノー メガーヌR.S.試乗】現在のFFスポーツで、誰もが楽しめる「最もFUN」な存在

【ルノー メガーヌR.S.試乗】現在のFFスポーツで、誰もが楽しめる「最もFUN」な存在

【ルノー メガーヌR.S.試乗】現在のFFスポーツで、誰もが楽しめる「最もFUN」な存在の画像

2011年2月に日本に導入された先代のメガーヌR.S.(メガーヌ ルノー・スポール)は、左ハンドル+MT(2ドア)という組み合わせで、「メガーヌ RS トロフィー」は当時ニュルブルクリンクにおいて市販のFFモデルで最速タイムを記録した超硬派なモデルでした。

3代目にスイッチした新型メガーヌR.S.は、右ハンドル+DSG(5ドア)という組み合わせで登場。なお、MT車の今後導入もありそうなので、3ペダル派は待ってもいいかもしれません。ただし、2ペダルも十分刺激的で、食わず嫌いはもったいないと思わせる仕上がりになっています。

「右ハンドル+2ペダル化」により先代よりも敷居が低くなった新型メガーヌR.S.は、乗ってみると乗り心地も予想以上に良好。フォルクスワーゲンのゴルフRやゴルフGTI、アウディS3などのライバルと比べると、負荷の大小を問わず、路面の凹凸のいなしが巧みで、揺れの少ないボディコントロール性を備えています。

これは、4輪のダンパーに仕込まれたセカンダリーダンパーのHCC(ハイドロリック・コンプレッション・コントロール)、DASS(ダブル・アクシス・ストラット・サスペンション)による効果などによるもので、走行モードを「レース」にするとかなりハードに引き締められた足になりますが、公道で楽しむ「スポーツ」であれば十分に快適。

では、軟派になってしまったのかというと、決してそんなことはなく、レスポンスのいい1.8L直列4気筒直噴ターボ+デュアルクラッチトランスミッションの「6EDC」は、速度域を問わず意のままの加速感を提供してくれます。

さらに、ベース車同様「4コントロール」と呼ばれる4輪操舵も搭載。もちろんR.S.向けに専用チューンが施されていて、こちらは別の機会に詳しくご紹介しますが、低速時には後輪が前輪とは逆方向(逆位相)、高速域ではリヤタイヤを同一方向(同位相)に切ることで、非常によく曲がるのが印象的。

日本でもルノー スポールのテストドライバーやシャーシを担当するエンジニアによるテストが鈴鹿サーキットをはじめ、ターンパイクや首都高速、新東名高速道路でも行われたとのこと。こうしたテストにより、日本のたとえば首都高速の目地段差のよりスムーズな通過という味付けにつながっているそうです。

毎日乗れる乗り味を確保しながら、中低速でも存分に楽しめるハンドリング、そして超一級のスポーツ性能を兼ね備えた新型メガーヌR.S.。440万円という価値は、ルノーのファンでなくても一度乗れば十分に実感できるはず。

(文/写真 塚田勝弘)

【ルノー メガーヌR.S.試乗】現在のFFスポーツで、誰もが楽しめる「最もFUN」な存在(http://clicccar.com/2018/10/01/634408/)

【関連記事】【ルノー メガーヌR.S.試乗】ホットハッチでありながら「GT」的性格を示す走行モードと安全装備【ルノー メガーヌR.S.試乗】FFとは思えないほど曲がる「4コントロール」と、高い接地性と乗り心地を実現する「4輪HCC」とは?兄弟車の日産・エクストレイルはどうなる!? ルノー・コレオス改良型がメルセデス製1.3リットルターボを搭載