【新型CR-Vの1.5L直噴ターボエンジン・5人乗りFF仕様】室内空間もエンジンのトルクもゆったりで幸せドライブ

【新型CR-Vの1.5L直噴ターボエンジン・5人乗りFF仕様】室内空間もエンジンのトルクもゆったりで幸せドライブ

【新型CR-Vの1.5L直噴ターボエンジン・5人乗りFF仕様】室内空間もエンジンのトルクもゆったりで幸せドライブの画像

新型CR-Vの1.5L直噴ターボエンジン・5人乗りFF仕様、「EX・マスターピース」(359万1000円)をチェックしました。

歴代CR-Vの流れを踏襲し、今回のモデルもベースはシビック系プラットフォームとなります。このためフロント・ストラット、リヤ・マルチリンクというサスペンション構成もシビックと同一になりました。

ただしボディサイズと車両ジャンルも違う両者ですから、プラットフォームが同じとはいえ各部の作りはほとんどがCR-V専用設計となっています。

全長は4605mm、全幅1855mmで全高は1680mmとなります(4WDモデルの場合には全高が10mm上がって1690mmになります)。

この全長4600mm前後のSUVというのは、今や日本でも激戦区となっているクラス。その中でCR-Vのオリジナリティは全長に対して室内容積が広いということです。

具体的にはフロントのトーボードからテールゲート内側までの距離は3m以上を確保し、かなりの大空間となっています。それでいてボディ外見はボンネットの長さをしっかりと感じさせる、うまいデザインになっています。

室内の作りは特殊な機構が備わっているわけではなく非常にオーソドックスです。

が、質感が全体に高く、何より前後左右上下方向全てに余裕のある作りが特徴となっています。

シートをギチギチに詰めてから内装をパズル的に設計していった感じではなく「広大な空間の好きなところにシートを置いてみた」的な広々空間が印象的です。青空教室的。

ラゲッジルームは2列目シートまで使った状態で561L。セカンドシートを倒せば1123Lまで拡大します。

リヤシートは前後スライド機構は備わっていませんが、デフォルト位置で十分以上の広さと快適性を持っています(なお2列シート仕様の場合、スライド機構を省いたぶん、シート座面を3列シート仕様より大きくしてあります)。リヤドアの開閉角度は85度も取られていますので非常に乗りやすいです。

フロントシートに座ると前方向の視界の良さ、そして左右方向にたっぷりとられた室内幅によって非常に開放的な気分が味わえます。

搭載される1.5L直噴ターボはステップワゴン等に搭載されているものと同一形式のL15B型。ただしステップワゴン用の150psとは違い190psの高出力を誇ります(最大トルクは240Nm)。

これは同系列のL15C・シビックハッチバック用の182psをも上回ります。

しかもシビックハッチ用がハイオク仕様なのに対してCR-V用はレギュラーガソリン仕様なので、なんというか下剋上!? つまり、L15系のポテンシャルは相当高いってことなんでしょう(ということは今後、さらなるハイパワー版も出てくるんでしょうか)。

実際に乗ってみても直噴ターボエンジンは非常にレスポンスを良くトルクフルです。

組み合わされるCVTはホンダ独自のGデザインシフトと呼ばれるダイレクト感を大事にした変速制御を行ってくれますので走りにタルいところはありません。

アクセルを深く踏み込んで速度をかなり高めていくとさすがに1.5Lという排気量を感じる局面が……ないんですよ奥さん!

記者はてっきり小排気量にあえぐ感じかな、と思っていたんですが、いい方向に裏切られました。これはエンジン自体もさることながら、これだけ大柄の車体の割には1560kgと軽い車重も効いていると思います。

外観デザインは尖ったところがなくおおらかで、室内も広々。そしてトルクに余裕のある、ゆったりした走りが楽しめるエンジンの新型CR-V。

日本で開発されたクルマですが、広大な大陸をゆくアメリカ車のようなゆとりがある、たいへん好ましいSUVでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

https://youtu.be/N-PnI56Ujkg

【新型CR-Vの1.5L直噴ターボエンジン・5人乗りFF仕様】室内空間もエンジンのトルクもゆったりで幸せドライブ(http://clicccar.com/2018/10/06/634731/)

【関連記事】金曜日だけのメニュー「ホンダ社食のカレーうどん」はどれくらい汁跳ねするか実食して検証してみた!【週刊クルマのミライ】ホンダ・CR-Vの初速発表。ハイブリッドよりダウンサイジングターボが人気!【VW・ゴルフトゥーラン試乗】使いやすい室内環境を持つトゥーランにディーゼルモデルが追加