【キャディラックXT5クロスオーバー試乗】キャディラックでファミリーカーという贅沢で優雅な選択

【キャディラックXT5クロスオーバー試乗】キャディラックでファミリーカーという贅沢で優雅な選択

【キャディラックXT5クロスオーバー試乗】キャディラックでファミリーカーという贅沢で優雅な選択の画像

キャディラックはアメリカをいや世界を代表するプレミアムブランドです。今でこそ、メルセデス・ベンツに押されている印象ですが、戦前から戦後、そして高度成長期に高級車と言えば、ロールス・ロイスかキャディラックが代表的なモデルでした。

今回試乗したXT5は、そんなプレミアムブランドのキャディラックのSUVです。先日、フェラーリがSUVのカテゴリーに参入することが発表され、ついに「フェラーリよお前もか」と言われたものですが、キャディラックブランドのSUVへの参入は1999年のエスカレードからとかなり早いものでした。

XT5は従来販売されていたSRXの後継に当たるモデルです。SRXは2代にわたり製造されたので、キャディラックのミドルクラス・ラグジュアリークロスオーバーとしては3世代目となります。

全長4825mm、全幅1915mmのボディは日本で乗るには大きなサイズですが、郊外路ではさほど大きさを感じることはありません。それは車高が1700mmとたっぷりとあり、視界が開けているからにほかならないでしょう。

搭載されるV6エンジンは374馬力/368Nmで、1990kgの車重に対して十分なものです。アクセルペダルをグイッと踏み込めば、かなり力強い加速を得られます。エンジンを回してパワーを得るというよりも下からわき出るトルクの波に乗って走る感覚が気持ちのいいものです。

高速道路での試乗ではゆったりと優雅な走りを体験できます。この感覚がなによりもXT5の魅力といえます。ワインディングのような道では大きなロールが気になりますが、高速道路ではこのロールは気にならず、ゆったりした感覚となるのです。

ありとあらゆるシチュエーションで満足するクルマを作るのは現実的には不可能なもので、どこかで帳尻合わせをするものです。XT5はその帳尻合わせを行わず、高速道路や郊外路での気持ちいい走りを重視したセッティングだと言えます。もちろんワインディングで不安のあるような走りはないことは付け加えておきます。

ちょっと残念なのがレーンキープの性能。左ハンドルモデルしか用意されていないXT5ですから、もう少しキッチリとレーンキープが働いてくれるとドライブがイージーになるという印象が残りました。

(文・写真/諸星陽一)

【キャディラックXT5クロスオーバー試乗】キャディラックでファミリーカーという贅沢で優雅な選択(http://clicccar.com/2018/10/01/634814/)

【関連記事】【キャディラックCTS-V試乗】最新のキャディラックは「ハンパない」。ヨーロピアンスポーツを脅かす実力派軽井沢マダムに人気のメルセデスベンツCクラスの進化【アウトランダーPHEV・2019年モデル試乗】2.4Lエンジンでさらなる静粛性を得た「スポーツできる」SUV