伝説のトヨタ2000GTが現代によみがえる!? 待望論が高まる欧州で予想CGが公開

伝説とされるトヨタの2000GTが現代に復活か 東京モーターショーでの発表に期待

記事まとめ

  • トヨタの伝説的スーパーカーである2000GTが現代に復活する可能性があるという
  • 17年にはコンセプトモデルの公開も予想されたが、その時は新型スープラに話題が移った
  • 2000GT待望論が再び熱を帯びており、東京モーターショーでの発表に期待がかかっている

伝説のトヨタ2000GTが現代によみがえる!? 待望論が高まる欧州で予想CGが公開

伝説のトヨタ2000GTが現代によみがえる!? 待望論が高まる欧州で予想CGが公開

伝説のトヨタ2000GTが現代によみがえる!? 待望論が高まる欧州で予想CGが公開の画像

欧州のモータースポーツ界で、トヨタの伝説的スーパーカー「2000GT」への復活待望論が熱を帯びているようです。「Behance.net」で期待を込めた予想CGが掲載されました。

1970年まで生産された「2000GT」は、ヤマハ発動機と共同開発され、最高出力150psを発揮する「MF10型」2リットル直列6気筒エンジンを搭載していました。「007」のボンドカーに抜擢されたことや数々の速度記録を樹立するなど、伝説を創った名車です。当時の発売価格238万円は、大卒者の平均初任給2万6000円の約100倍で、現在に換算すると約2000万円以上とも伝えられています。

予想CGでは「FT-1」「スープラ」新型デザインから継承されるダブルバブルルーフ、筋肉質なリアフェンダー、Aピラーからリアウィンドウへ続く流麗なボディシルエットが描かれています。フロントマスクは刷新されていますが、細いLEDデイタイムランニングライトは、「スープラ」新型のイメージから継承されているようです。

生誕50周年を迎えた2017年には、待望論と共に東京モーターショーでコンセプトモデルの公開も予想されました。その後は新型「スープラ」に話題が移っていきましたが、待望論が再熱しているようです。

もし復活となれば、パワートレインは新型「スープラ」にも搭載が予想される3リットル直列6気筒エンジンオーバーブースト付きターボエンジンで、最高出力は500ps程度まで高められるはずです。果たして夢は実現するでしょうか。2019年東京モーターショーでの発表にも期待がかかります。

(APOLLO)

伝説のトヨタ2000GTが現代によみがえる!? 待望論が高まる欧州で予想CGが公開(http://clicccar.com/2018/10/02/634960/)

【関連記事】BMW X6の次期型プロトタイプを輸送中に激写!「X4」との比較でサイズ感をチェック全日本模型ホビーショーのタミヤブースにはTS-050やYZF-M1Rなど最新型モデルが目白押し!「FC列車」が登場? トヨタとJR東日本が水素エネルギーの利用拡大で連携