【新車】アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に、個性が際立つ3つのカタログモデルが登場

【新車】アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に、個性が際立つ3つのカタログモデルが登場

【新車】アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に、個性が際立つ3つのカタログモデルが登場の画像

アルファ ロメオ初のSUVである「STELVIO(ステルヴィオ)」は、2017年9月に日本に導入されました。SUVといってもアルファ ロメオらしいスポーツカーのような走り、そして自慢のスタイリングが魅力。

同モデルの導入限定車である「ファースト・エディション」に続き、「2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」「2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージ」、ベースモデル「2.0 TURBO Q4」の計3モデルが設定され、2018年10月27日から販売が開始されます。

今回導入される3モデルは、「ファースト・エディション」と同様に2.0Lの直列4気筒ツインスクロールターボエンジンが搭載され、最高出力280ps・最大トルク400Nmを発揮。駆動力は可変トルク配分機構を備えた4WDシステム「Alfa Romeo Q4」を介して4輪に伝達されます。トランスミッションは全車8速AT。

「2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」には、スポーツレザーシートをはじめ、スポーツレザーステアリング、レザーインパネ/ドアパネル、アルミニウムパネル、レッド仕上げブレーキキャリパー、19インチ5ホールアルミホイールなどが装備され、グレード名どおりスポーティな仕上がりが魅力。

「2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージ」は、レザー仕上げのインパネやドアパネル、ウッドパネル(ウォールナットまたはグレイオーク)、プレミアムレザーシート、プレミアムレザーステアリング、18インチ10ツインスポークアルミホイールなど、素材や触感、デザインにこだわった内外装パーツを採用することで、上質なムードが漂います。

受注生産でベースグレードとなる「2.0 TURBO Q4」は、バイキセノンヘッドライトやアダプティブクルーズコントロール、車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」(8.8インチディスプレイ、音声認識機能付)、パワーテールゲート、18インチアルミホイールなどの充実装備を備え、プレミアムSUVらしい快適な空間を実現。

ボディカラーは、新色の「モンテカルロブルー」を含む全5色が設定されています。価格は「STELVIO 2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」と「STELVIO 2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージ」が6,910,000円、受注生産の「2.0 TURBO Q4」が6,550,000円です。

なお、ニュルブルクリンク北コースで量産SUV最速のラップタイムを誇るハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」は、2018年内の導入予定とされています。

(塚田勝弘)

【新車】アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に、個性が際立つ3つのカタログモデルが登場(http://clicccar.com/2018/10/02/635285/)

【関連記事】【新車】新型CR-Vの初期受注は月間販売計画の4倍超。ガソリン車は57%、ハイブリッド車が43%マツダ・CX-5のマイナーチェンジモデル!? 怪しいクロスオーバーSUV開発車両を目撃トヨタ自動車、2020年にレクサスUXベースの「EV」を国内で生産開始?