【新車】新型ポルシェ・マカンがヨーロッパデビュー。気になる進化のポイントは?

【新車】新型ポルシェ・マカンがヨーロッパデビュー。気になる進化のポイントは?

【新車】新型ポルシェ・マカンがヨーロッパデビュー。気になる進化のポイントは?の画像

上海で初公開されたポルシェ・マカンのマイナーチェンジモデルが、10月2日から14日に開催されるパリモーターショーにおいてヨーロッパで初公開されます。日本導入は現時点ではアナウンスされていません。下記の欧州仕様の装備、スペックになります。

2.0Lの直列4気筒ターボエンジンは進化した燃焼技術と微粒子燃料フィルターが採用され、燃費とエミッションを改善しながら最高出力180kW(245ps)、最大トルクは370Nmに達します。7速PDK搭載車は、0-100km/h加速は6.7秒、最高速度は225km/h。新欧州サイクル(NEDC)燃費は8.1L/100 km。

4WDシステムは「ポルシェトラションマネージメント(PTM)」を最大限に活かしたセッティングで、ダイナミックな走りが可能になるそう。パフォーマンス指向の新開発タイヤのほか、アルミホイールは標準が18インチ、オプションでは21インチも選択可能としています。

外観では、3DデザインのフルLEDリヤライトの採用が目を惹きます。4灯式のブレーキライトは、もっとも重要なブランドのアイデンティティのひとつとしていて、新デザインのヘッドライトには標準でLEDを搭載。

さらに、オプションのポルシェダイナミックライトシステムプラス(PDLS プラス)は、ライトの照射位置を自動で調整。ボディカラーは「マンバグリーン」「ドロマイトシルバーメタリック」「マイアミブルー」「クレヨン」の4色が新たに設定されています。

内装では、7.1インチから10.9インチに拡大されたタッチスクリーンが採用された「ポルシェコミュニケーションマネージメントシステム(PCM)」が見どころ。常時接続によるナビなどの最新情報を享受できます。

さらに、幅広いオプションに加えて強化されたドライバーアシストシステムも選択可能。オプションのGTスポーツステアリングは、ポルシェ911と同じ方式を採用。スポーツレスポンスボタンを含むスイッチ類を内蔵したステアリングは、オプションのスポーツクロノパッケージの一部として装着されます。

安全装備では、新しいトラフィックジャムアシストを採用。アダプティブクルーズコントロールを使って、加速と減速を半自動で行い、渋滞中のドライブをサポート。ほかの装備では、ヒーテッドウインドウシールドと微粒子空気フィルターを備えたイオン空気清浄機などが用意されます。

(塚田勝弘)

【新車】新型ポルシェ・マカンがヨーロッパデビュー。気になる進化のポイントは?(http://clicccar.com/2018/10/03/635311/)

【関連記事】【パリショー2018】ポルシェ・マカンが欧州デビュー。245馬力の4気筒ターボはイオン空気清浄機付きポルシェ初のEV「タイカン」の開発が急ピッチで進む。市販型パーツを装着したプロトタイプをキャッチ!アウディと決別し、ランボルギーニがポルシェ傘下へ。2019年1月から最強ブランドを結成?