シートに寝たままでも映像を楽しめる。パイオニアから国内最大級のフリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」が登場

シートに寝たままでも映像を楽しめる。パイオニアから国内最大級のフリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」が登場

シートに寝たままでも映像を楽しめる。パイオニアから国内最大級のフリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」が登場の画像

年々拡大しているリヤモニター市場。パイオニアは10月2日、国内最大級13.3V型フルHDフリップダウンモニターの「TVM-FW1300-B」を発表しました。発売は11月からとなっています。

同社は画面サイズやデザイン性、取付性など幅広いニーズに合わせたラインアップを用意していて、今回登場した「TVM-FW1300-B」は、フリップダウンモニターの最上位機種という位置づけ。

国内最大級(国内におけるフリップダウンモニターにおいて)の13.3V型大画面フルHDパネルの採用に加えて、車両の天井にすっきりと設置が可能。モニターを閉じても映像を楽しめる「エニタイムビジョン」を新搭載したフリップダウンモニターとなっています。

「エニタイムビジョン」とは、閉じた時でも映像を視聴できる機能。長時間の休憩時などに前席シートを倒せば、寝たまま映像を楽しめます。

また、モニターが閉じている時でも、プリセットされている3種類(青空/星空/オーロラ)から選べる「ムードピクチャー」を表示しておくことで、サンルーフのような開放感で車内を演出。車中泊する際などにも重宝しそうな機能になっています。

モニター部にはXGAを超える高解像度のフルHDパネルが採用され、LCDパネル表面には光沢感のある強化ガラスが使われています。「ダブルARコーティング」を行うことで、不要な反射を排除した美しい映像が楽しめるそう。

また、開閉方法やモニターの設置面を従来とは逆に設計された「バックフリップ」機構が新採用されています。リヤシートとモニターの距離が近づくことで、より迫力のある映像を楽しめるとともに、運転席からの距離が遠くなることで、ドライバーの視界の妨げを低減。

幅広い車種に対応するのも魅力です。クルマのインテリアとして車内に溶け込む洗練されたデザインを採用。本体両サイド部のハーフミラー仕様のブルーLEDイルミネーションや、前面両サイド部に搭載されたブルーLEDイルミネーションがムーディに車内を演出。

既存のフリップダウンモニター用取付キット(別売)を使用した装着に加えて、アルファード/ヴェルファイアには新たに開発した専用取付キットにより、インテリアデザインと一体化した設置が可能としています。

(塚田勝弘)

シートに寝たままでも映像を楽しめる。パイオニアから国内最大級のフリップダウンモニター「TVM-FW1300-B」が登場(http://clicccar.com/2018/10/07/635785/)

【関連記事】圧倒的な高音質を実現した「サイバーナビ Xシリーズ」に8V型大画面モデル「AVIC-CL902XS」が登場パイオニア市販ナビ初の9V型大画面モデル、コスパ重視のBluetooth対応モデルなど楽ナビ10機種が新登場「カーライフの願い」をかなえるニューアイテムが2018年10月2日に登場する!? パイオニアがティザーサイトを公開