東京オートサロンのグランプリカー「S660ネオクラシック」に公道で乗る

東京オートサロンのグランプリカー「S660ネオクラシック」に公道で乗る

東京オートサロンのグランプリカー「S660ネオクラシック」に公道で乗るの画像

2016年1月の東京オートサロンから2年半を経て、伝説となったカスタムカーコンテスト・グランプリマシンが公道に舞い降りました。丸目でレトロなムードのミッドシップスポーツカー「S660ネオクラシック」のボディキットが129万6000円(消費税込)という価格で発売されたのです。

軽自動車「S660」のボディキットとしては非常に高価に感じるキットですが、純正アクセサリーメーカーのホンダアクセスによる商品にふさわしいクオリティの完全ボルトオン設計というのが魅力。それでいて、オートサロンで話題を集めた、あのワンオフ・カスタムカーの雰囲気をかなり高いレベルで再現しているから驚きです。

とはいえ、保安基準をクリアし、また改造申請不要とするために、じつはデザインは大きく変更されています。オートサロンの世界を、堂々と公道で味わうためには必要だからこその変更ですが、それがけっしてネガに感じられないのは、完成度の高さゆえでしょう。

このボディキットを開発するために実寸サイズのクレイモデルを作ってスタイルを熟成させたという話ですが、それほどの手間とコストをかけた成果が、一つひとつの面に表れています。

N-ONEのヘッドライト(あえてバルブタイプなのもクラシカルなイメージ)を流用しているのは、保安基準を満たすためには必要な要素といえます。テールレンズは汎用品をベースにした専用アイテム、フェンダーに確認できるサイドターンランプはホンダ・エレメントから流用しています。

基本的な形状は変わっていませんが、ボディカウルが樹脂製(RTM製法のFRP)となったことで樹脂ボディに対応したターンランプが必要となり、それがエレメントの純正品だったといいます。また、テールエンドに埋め込まれたハイマウントストップランプもホンダ車からの流用です。

そんなS660ネオクラシックを公道で乗ることができました。ある意味、2016年のオートサロンでもっとも評価されたマシンを操るという貴重な機会です。もちろん、中身はS660のままですから、いわゆる走りに関する部分では、けっして「ネオクラシック」ではありませんが、コクピットからの視界ではクラシックを感じることができます。

たとえばフロントフードは左右の丸目ヘッドライトに向かって盛り上がっていますが、そうしたシルエットは高速道路を淡々と走っているようなシチュエーションであっても、明らかにS660とは違うクルマに乗っていることを実感できます。

さらに、試乗当日は残念ながら雨天だったのですが、後方視界についてはノーマルとはまったく異なった印象です。もともとリヤウインドウが3分割となっているため後ろは見えづらい部類のクルマですが、さらにアクリル板によってリヤウインドウを覆っているため雨の日は曇ってしまうこともありますし、角度の違いから雨粒の付着も目立ちます。

おそらく新型車の開発基準からするとNGな部分もあるかもしれません。ですが、こうした点を不満と思わず、がまんして乗りこなすのもオートサロン的な世界観を感じるところ。

ちなみに、エンジンフードを開けるには、開閉式のリヤウインドウを開けて、そこから手を入れる必要があるというのも「改造車」的。そうした不便さも楽しめる人こそ、このキットを選ぶオーナーにふさわしいのかもしれません。

コンプリートカーではなく、中古車をベースに製作されるという「S660ネオクラシック」。ベース車次第では400万円台後半となってしまうほど高価な軽自動車ですが、これだけの完成度を誇り、安心して乗れるカスタムカーが500万円以下で手に入ると考えると、ある意味ではリーズナブル。

誰もにオススメできるタイプのクルマではないでしょうが、このスタイルを評価するのであれば、製品クオリティに見合った価格だといえるほどの完成度であることは間違いありません。

(写真:平野 学 文:山本晋也)

【関連記事】

ホンダ・S660のカスタマイズカー「ネオクラシック」が店頭販売中。車両価格は426.8万円!
https://clicccar.com/2018/10/01/634655/

ボディパネルをほぼフル換装。東京オートサロンのグランプリ獲得マシン「S660ネオクラシック」を手に入れられるキットが登場!
https://clicccar.com/2018/09/02/624624/

東京オートサロンのグランプリカー「S660ネオクラシック」に公道で乗る(http://clicccar.com/2018/10/04/636149/)

【関連記事】【新車】新型CR-Vの初期受注は月間販売計画の4倍超。ガソリン車は57%、ハイブリッド車が43%ホンダ・S660のカスタマイズカー「ネオクラシック」が店頭販売中。車両価格は426.8万円!ホンダと日立系の合弁会社がEV用モーターの研究開発拠点を新設