【新車】クラシカルで上質なカフェレーサーがモチーフ。「DS 3 CAFE RACER」が20台限定で登場

【新車】クラシカルで上質なカフェレーサーがモチーフ。「DS 3 CAFE RACER」が20台限定で登場

【新車】クラシカルで上質なカフェレーサーがモチーフ。「DS 3 CAFE RACER」が20台限定で登場の画像

欧州Bセグメントの中でも個性的なスタイル、上質な内・外装が魅力のDS 3。MT仕様も用意するなど、小気味よい走りも披露してくれます。日本デビューは2010年5月で、パーソナライゼーションを活用したさまざまな限定車が設定されています。

2018年10月3日に発表、発売された20台限定の「DS 3 CAF? RACER」は、車名のとおり、カフェレーサーをモチーフとしたカスタマイズが施されています。

マットブラックが目を惹くDSウィングのグリル、ルーフトップやDS 3を特徴づけるサイドのシャークフィンに施されたグラフィック、ナッパレザーのウォッチストラップシートなどが用意された特別仕様で、力強いデザインが美点。

最大の魅力は、ネオ・ヴィンテージ感あふれるグラフィック。ルーフトップには、DSが生まれた年1955を示すローマ数字MCMLV(M=1000、CM=900、L=50、V=5)とヴィンテージ風にデザインされたDSの文字、車名からとられた3のまわりにはWRCでの勝利を象徴する栄光の月桂冠、さらにカフェレーサー発祥の地であるエースカフェのロゴのクローバーなどをあしらわれています。

また、DS 3ならではのドアのシャークフィンにも月桂冠と3の文字が配されています。

内装で目を惹くのはシート。DSオートモビルのシグネチャーでもあるウォッチストラップをモチーフにしたという、ナッパレザーが採用されています。さらに、ヴィンテージを想起させるクレームパルテノンのダッシュボードカラーと「Bruno Michaud」のグラフィックが特別仕様車らしい個性的で高い質感を表現。

さらに、Apple「CarPlay」と「Andoroid Auto」に対応したタッチスクリーンとBruno Michaudのクラシックなグラフィックが同居することで、新しさとヴィンテージ感のある仕上がりになっています。

エンジンは110ps/200Nmを発揮する1.2Lの直列3気筒ガソリンターボで、6ATとの組み合わせ。価格は3,050,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】クラシカルで上質なカフェレーサーがモチーフ。「DS 3 CAFE RACER」が20台限定で登場(http://clicccar.com/2018/10/05/636256/)

【関連記事】【新車】50周年を迎えるジャガー「XJ」の2019年モデルの受注を開始。2台の特別仕様車も設定【新車】BMW・7シリーズの「740i Driver’s Edition」は、自らハンドルを握るオーナーのための特別モデル【新車】アウディ・Q2に外観のコントラストが際立つ限定車「#contrast limited」を設定