新型トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」、兄弟車でも性格は異なる?

新型トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」、兄弟車でも性格は異なる?

新型トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」、兄弟車でも性格は異なる?の画像

パリモーターショー2018において、欧州向けに900台限定で新型「スープラ」の先行予約開始を発表したトヨタ自動車。会場にはGAZOOレーシングカラーの5代目「スープラ」が展示されており、同車と兄弟車となるBMW「Z4」についても今回初公開されました。

FRレイアウトを踏襲する新型スープラの前部にはBMW製の3.0L直6ターボエンジン(335ps/51.0kgm) が搭載されているとみられ、市販時には同エンジン以外にも2種類の2.0L直4エンジンがラインナップされる模様。

内外装のデザインは両車で異なり、プラットフォームやエンジン、サスペンション等についても共用はしつつも、両社で個別にチューニングされているようで、そのフィーリングは異なるものになるようです。

トヨタは今年7月、英国の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、開発責任者である多田哲哉チーフエンジニアが自らステアリングを握り、新型「スープラ」の走りを披露。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=13&v=cYy9N5v5eho

カモフラージュ姿でサーキットに豪快なエンジンサウンドを響かせ、FRスポーツ車の頼もしい走りを披露して大いに観客を沸かせました。

新型「スープラ」は来年1月のデトロイトショーで正式発表され、その後生産がスタート。日本での発売は来春になる模様で、気になる車両価格は2.0Lモデルが500万円前後、3.0Lモデルが700万円前後になるようです。

噂ではハイテクLSDの採用により、絶妙なニュートラルステアを実現、ポルシェを上回る走りが期待できる模様で、いいよいよ発売が迫りつつある新型「スープラ」への期待が高まります。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

トヨタが新型「スープラ」のオンライン受注を開始。ドイツ国内限定で300台
https://clicccar.com/2018/10/02/635513/

来春発売!? 次期スープラの自慢は、加速&減速時に発するエンジンサウンド
https://clicccar.com/2018/09/12/628052/

2019年春発売?トヨタ入魂の本格スポーツカー「5代目スープラ」開発を追う!
https://clicccar.com/2018/09/05/625689/

次期トヨタ「スープラ」の開発に込めた多田チーフエンジニアの想いとは?
https://clicccar.com/2018/07/30/613666/

新型「トヨタ・スープラ」の最新動画 グッドウッド2018で快音を響かせて疾走!
https://clicccar.com/2018/07/16/609096/

【関連リンク】

パリモーターショー2018
https://www.mondial-paris.com/fr/visiteur/auto

新型トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」、兄弟車でも性格は異なる?(http://clicccar.com/2018/10/06/636743/)

【関連記事】【パリモーターショー2018】プジョーが新型ガソリンプラグインハイブリッドを新型508/508SW、3008に追加【パリモーターショー2018】これは日本でも売るべき。美しいカローラワゴンのデザイン【パリモーターショー2018】本物じゃないけど「本物」。100万個のレゴで作ったブガッティ・シロン