【F1女子が行く!F1日本GP2018】ゲームに勝って憧れのパドックエリアへ!? サーキット内で見つけた面白ブースを紹介

【F1女子が行く!F1日本GP2018】ゲームに勝って憧れのパドックエリアへ!? サーキット内で見つけた面白ブースを紹介

【F1女子が行く!F1日本GP2018】ゲームに勝って憧れのパドックエリアへ!? サーキット内で見つけた面白ブースを紹介の画像

年に一度のお祭り、F1日本GPが終わりましたね。久しぶりに見るF1マシンの美しさ、サウンド、スピードはやっぱり最高!

レースはもちろんですが、日本GPはそれ以外にも楽しいことがたくさんありました。今回はサーキットで見つけた面白ブースをどどーんと紹介しちゃいます。

■10月5日(金)

早朝は肌寒かったものの、午後から日が出て気温が上がってきた鈴鹿サーキット。寒いかなと思い、厚手の長そでを着てきた私が間違いだった……。

全身汗だくになってしまったので、慌ててチームTシャツを購入。サーキット内にはあらゆる所に各チームのオフィシャルショップや日本GP記念ショップがあるので、万が一の時でも安心です。

今年は鈴鹿サーキットF1開催30回目の記念大会ということもあり、例年に増して場内は豪華に! ドライバーのかっこいいパネルや旗が出迎えてくれました。もう、これだけでテンション上がっちゃいますよね。

日本GP恒例のドライバー等身大パネルを発見! あれ?よーく見てみると何か文字が書いてあります。

なんと、今年はパネルの右上に各ドライバーの身長が記載されていたのです。これは面白い! 一番背が高いドライバーと低いドライバーを予想しながら、確認してみることにしましょう。

一番背が高いのは予想通り、フォースインディアのエステバン・オコン(186cm)。木曜日のストレートウォークで近くで見ることができたのですが、まるでモデルのようなスタイルの良さに驚きました。

そして一番低かったのは、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ(171cm)。こちらも予想的中です。

隣に並ぶと「こんなに背が高いんだ」「思ったより小柄だな」と、新たな発見がたくさんありましたよ。

鈴鹿サーキットではF1をはじめ様々なレースが行われていますが、ファーストフードNo.1を決める「FF1グランプリ」が開催されていることをご存知ですか?

「FF1グランプリ」はサーキット内の各店が“チーム”、メニューが“ドライバー”となり、売上の数で年間チャンピオンを決めるという、鈴鹿サーキットならではのスペシャルグランプリ。SUPER GTなどと同じくクラス分けされており、グランドスタンド裏主食メニューで争われる「GS1000」、GPスクエア主食メニューが参加する「GP800」、GPスクエアサイドメニューで争う「GP600」の3クラスで争われています。

エントリーチームがたくさんあって悩みましたが、GS1000クラス暫定1位のドミニク・ドゥーセの店の日本GPスペシャルメニュー「ドミニク特製松坂牛ラザニア」をいただくことにしました。たっぷりかかったチーズに負けないくらい、しっかり食材の味がして美味しい〜!

F1日本GPは終わってしまいましたが、「FF1グランプリ」はスーパーフォーミュラ最終戦(10月27日、28日)、全日本ロードレース最終戦(11月3日、4日)、SUZUKA Sound of ENGINE2018(11月17日、18日)の残り3戦で行われるので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

グランドスタンド裏のGPスクエアにあるホンダブースには、第1期最後のF1マシンHonda RA301(1968年)と、2018年仕様のパワーユニットHonda RA618Hを展示。

「Red Bull Toro Rosso Hondaマシンと記念撮影」コーナーではマシンの横に立って記念撮影ができるということもあり、長蛇の列ができていました。

決勝ではピエール・ガスリー11位、ブレンドン・ハートレー13位と思ったような結果は出せませんでしたが、ファンの期待度はNo.1! 来年こそは素晴らしい結果を残してくれると、信じています!!

今年も大盛況だったF1速報ブース。

F速お馴染みのグランプリ天国のグッズ販売やガチャガチャ、グラ天オリジナルグッズが当たるガラポンも行われていました。

そして8月にキミ・ライコネン(フェラーリ)の故郷、フィンランドで発売された伝記「知られざるキミ・ライコネン」の日本語版も無事にゲット!

読みだすと止まらなくなりそうだったので少しだけ覗いてみたのですが、幼少期〜最近までのプライベート写真がいっぱいでライコネンの新たな一面を知ることができそうです。

場内には紹介してきたように様々なブースがありましたが、私が一番熱くなったのが「F1 FAN ZONE」。

こちらではF1シミュレーターで腕を競う「F1 Esports」とピットクルーになりきって他のチームとタイヤ交換の速さを競う「Pit Stop Challenge」が行われており、なんと金、土曜日の2日間でトップタイムになった人はF1ファン憧れの場所、パドックエリアへ招待されるというのです!

これは参加するしかないでしょう! でもシミュレーターは無理そうなので(笑)、タイヤ交換にチャレンジです!!

三人一組になってタイヤを外す人、はめる人、インパクトレンチでナットを着脱する人と役割分担をします。最初は見た目のかっこいいインパクトレンチ希望だったのですが、持ってみると想像以上の重さ(両手で持ち上げるのがやっと)でびっくり!

タイムに支障をきたすのは嫌だったので、タイヤを外す係をすることにしました。

まずは4分間のフリープラクティスタイムです。

最初はあたふたしてタイヤとインパクトレンチがぶつかったりしてしまいましたが、練習すればするほど息が合いタイムが短くなってきました。

そしていよいよ本番。緊張のあまり練習時よりも時間がかかってしまったものの、ライバル達も同じだったようでまさかの1位! しかも総合ランクも2位という快挙! やったーーーー!!

タイムは4.251秒。ちなみに日本GPの最速ピットストップはフェラーリの2.24秒。レース中というもの凄い緊張感の中でこの作業を2秒台でこなしてしまうなんて、もう神業としか思えません。改めてF1って凄い! と体感した瞬間でした。

タイムを登録すると「土曜日の夜までにトップ3に残っていたら決勝戦に進めるから連絡するね」と言われ、これはパドックエリアに行けるチャンスなのでは!?と胸の高まりが止まりません。

しかし私達が参加したのは金曜日。それから事あるごとにブースを覗きに行ってみたですが、その日の午後にはもうランキング圏外になっていました(涙)。悔しい〜! 来年もあったら絶対リベンジするぞ!と心に誓った日本GPなのでした。

(yuri)

【関連記事】

【F1女子が行く!F1日本GP2018】木曜日はドライバー祭り!顔色の悪いルイス・ハミルトン着ぐるみの最大の任務とは?
https://clicccar.com/2018/10/06/636403/

【F1女子が行く!F1日本GP2018】ゲームに勝って憧れのパドックエリアへ!? サーキット内で見つけた面白ブースを紹介(http://clicccar.com/2018/10/10/637188/)

【関連記事】いよいよシンガポールGP決勝! 大興奮!! 私の「押しドラ」はアロンソに決めました一泊三日、自腹でシンガポールGP弾丸ツアー! まずは予選で興奮!!【F1女子が行く!F1日本GP2018】木曜日はドライバー祭り!顔色の悪いルイス・ハミルトン着ぐるみの最大の任務とは?