【東京モーターフェス2018】SUBARU XVハイブリッドが先行展示。気になる燃費は19.2km/L

【東京モーターフェス2018】SUBARU XVハイブリッドが先行展示。気になる燃費は19.2km/L

【東京モーターフェス2018】SUBARU XVハイブリッドが先行展示。気になる燃費は19.2km/Lの画像

東京・お台場の臨海副都心エリアで10月6日〜8日にかけて開催されている東京モーターフェス2018。二輪・四輪の総合イベントで、屋外会場で最新モデルを見て・触れることができるのはクルマ好きにはたまりません。

センタープロムナードでは各社の最新モデルが展示されています。バックオーダーを抱えまくっているというスズキ・ジムニー、なかなか見る機会のないホンダ・NSXには人だかりができていました。

そんななか、SUBARU XVはすでに発売されているモデルと思われていたのか、じっくり見ることができます。

しかし、このクルマをよく見ると、フェンダーなどに「e-BOXER」のエンブレムが確認できます。そうです、未発売のハイブリッドバージョン「XV Advance」が先行公開されていたのです。

専用ボディカラーであるラグーンブルー・パールをまとい、ブルー内装やネイビー/ライトグレー色トーンのシートが、いかにもハイブリッド的なエコカーらしさと、クロスオーバーSUVのスポーティさをアピールしています。しかも、ドアを開けてシートに座ることもできるのです。未発売のクルマをこれほど見せてしまうのは大サービスでしょう。

会場では詳細なスペックも公開されていました。既報の通り、エンジンは最高出力107kWの2.0リッター水平対向で、そこに10kWの小型モーターを組み合わせたというパワートレイン。もちろん、スバルのアイデンティティである常時四輪駆動となっています。

気になる燃費性能はJC08モードで19.2km/L。2.0リッター・ガソリン車の燃費が16.0km/Lですからハイブリッド化によるアドバンテージは明確に数値に現れているといえそう。なお、CVTの変速比幅は同じですが、最終減速比をガソリン車の3.900からe-BOXERでは3.700に変えていることもあり、マニュアルモードでの変速比は微妙に変えて、調整しています。

あらためてSUBARU XV Advanceの燃費性能を整理すると、JC08モードは19.2km/L。新基準であるWLTCモードは15.0km/L(市街地モード:11.5km/L、郊外モード:15.5km/L、高速道路モード:16.8km/L)となっているそうです。

(山本晋也)

【関連リンク】

東京モーターフェス2018
https://tmfes.com

【東京モーターフェス2018】SUBARU XVハイブリッドが先行展示。気になる燃費は19.2km/L(http://clicccar.com/2018/10/07/637457/)

【関連記事】【新型フォレスター「e-BOXER」試乗】加減速が続く一般道走行でも気分良くドライブさせてくれることがメリット輸出用フォレスターの積み込みにカーシッピングの職人技を見た。ドアが開けられないほどピッタリに積むから鍵は付けっぱなしでOKスバル伝説のエンジニアを招いての無料フォーラムが10月14日開催!【クルマ塾2018】