【パリモーターショー2018】会場で人気の高かったクルマ5選。3位は3シリーズ、1位はあのSUV!

【パリモーターショー2018】会場で人気の高かったクルマ5選。3位は3シリーズ、1位はあのSUV!

【パリモーターショー2018】会場で人気の高かったクルマ5選。3位は3シリーズ、1位はあのSUV!の画像

モーターショー会場を歩いていると、人気のあるブースと人気のないブースや人気のあるクルマと人気のないクルマの違いが如実にわかりますよね。ここでは、2018のパリモーターショーで感じた「人気の高かったクルマ」のトップ5をお伝えしましょう

「人気が高い」の基準はそれぞれありますが、ここでは「人が多すぎて写真を撮りづらかった」を基準にランク付けしてみました。

5位 メルセデス・ベンツ Bクラス

やはり世界初公開のクルマは人気を集めますね。Bクラスはいうなれば「背を高くしたAクラス」。背を高くするとパッケージング効率は大幅に良くなり、さらに乗り降りがしやすくなるなど使い勝手も向上しますね。

ただ、メルセデス・ベンツのブースには車両が3台あって報道陣が分散されたので、「ワールドプレミアの注目車」のなかでは写真は撮りやすかった印象です。

4位 BMW 3シリーズ

2018年のパリモーターショーで世界初高架下クルマのなかでも、もっとも注目度が高かったモデル。しかし、展示車両が3台用意されたのに加えて撮影しやすい場所に展示するなどの工夫で、写真の撮りづらさは極限ではありませんでした。

新しいコックピットインターフェイスなども興味深いですね。

3位 ブガッティ・シロン

限定500台で、エンジンは総排気量8.0LのW16クワッドターボで最高出力は約1500馬力、値段は日本円にするとまあ3億2000万円というスーパーマシンのシロン。ヴェイロンの後継モデルですね。

そんなシロンは実車も展示されていましたが、写真を撮りづらかったのは実車よりもむしろレゴブロックで作った実物大の作品。レゴのブースに展示してあり、たくさんの人が足を止めてじっくり見たりカメラで撮影する大人気ぶりでした。みんなが近づいて細かく観察するから、人が写り込まない写真が撮りづらかった!

2位 メルセデス・ベンツGLE

メルセデス・ベンツの中では中型のサイズとなるSUVで、今回のパリモーターショーがお披露目の場。だから大人気で報道陣が常にクルマから離れない状況でした。そしてBクラスとの最大の違いは会場に車両が1台しかなかったこと。中の細かい部分までもっとじっくり観察したかったのですが、かないませんでした。

1位 DS3クロスバック

PSA(プジョーシトロエン)のラグジュアリーブランドでありオシャレ番長の『DS』。そんな『DS』の新世代モデル第2弾がDS3クロスバックです。パリモーターショーが世界初公開でした。

それにしても、DSブースはいつ出かけても大混雑。やっぱりフランスでおこなわれたイベントだから、母国のブランドは大人気ということでしょうか。しかも広くない場所にクルマが何台も置いてあるから、人が多すぎて写真を撮るのが大変でした。

というわけで、写真の撮りにくさを基準にした「パリモーターショーでの人気車トップ5」。間違いないのは、人気があるってことは素晴らしいことです。でも、できれば、写真を撮りやすいように広いスペースに複数台置いてくれると嬉しいんですけどね。

(工藤貴宏)

【関連記事】

【パリモーターショー2018】新型BMW・3シリーズのライトとトランクリッドに注目。次のステージへの意気込みが感じられる変化
https://clicccar.com/2018/10/08/637771/

【パリモーターショー2018】これは日本でも売るべき。美しいカローラワゴンのデザイン
https://clicccar.com/2018/10/05/636783/

【パリモーターショー2018】本物じゃないけど「本物」。100万個のレゴで作ったブガッティ・シロン
https://clicccar.com/2018/10/05/636746/

【パリモーターショー2018】粛々と電動化モード? メルセデス・ベンツブースで感じた本気
https://clicccar.com/2018/10/05/636730/

【パリモーターショー2018】会場最大の人気スポットはBMWブース。その理由は?
https://clicccar.com/2018/10/05/636719/

【パリモーターショー2018】そうだ、秋のパリへ行こう。モーターショーを見にね
https://clicccar.com/2018/10/05/636711/

【パリモーターショー2018】会場で人気の高かったクルマ5選。3位は3シリーズ、1位はあのSUV!(http://clicccar.com/2018/10/09/637782/)

【関連記事】【パリモーターショー2018】フィニッシュラインコンディションから謎の車輌まで。会場で見かけた「汚れたクルマ」トップ3プジョーが「504 クーペ」のデビュー50周年を祝うコンセプトEVを公開!【パリモーターショー2018】新型BMW・3シリーズのライトとトランクリッドに注目。次のステージへの意気込みが感じられる変化