SUBARUがスポンサーとして協賛する新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」がセントレアにオープン

SUBARUがスポンサーとして協賛する新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」がセントレアにオープン

SUBARUがスポンサーとして協賛する新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」がセントレアにオープンの画像

名古屋駅から電車で最短28分という好立地にある中部国際空港セントレア。10月12日(金)に新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」がオープンします。

SUBARUは同施設にスポンサーとして協賛していて、オープンに先立って「SUBARU Webコミュニティ会員(#スバコミ)」特別招待イベント、そしてメディア向けにも公開されましたので、まずは同施設の概要をご報告します。

最大の目玉は、ボーイング社から寄贈された「ボーイング 787」の屋内展示です。

以前お伝えしたように、SUBARUでは、ボーイング787だけでなく、「777」や「777X」という航空機の中央翼を半田工場で生産していて、同工場から「B747 LCFドリームリフター」に中央翼が積まれて、チャールストン工場に運ばれます。

そこからワシントン州エバレット工場(シアトル近郊)に運ばれ、飛行機が組み立てられるそう。なお、セントレアのご担当の方によると、「787」の場合、エバレット工場での生産(組み立て)時は大きな音や振動はあまりしないそうです。

SUBARUをはじめとした、日本メーカーの技術が大きく貢献している「787」など、航空機の魅力が分かりやすく堪能できる新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」には、大人も子ども楽しめるコンテンツがいくつも用意されているほか、シアトル近郊にあるエバレット工場との縁から、日本初上陸となるレストランやショップなどもあります。

SUBARUもスポンサーとして協賛している「FLIGHT OF DREAMS」の体感型コンテンツは別の記事でご紹介します。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連リンク】

FLIGHT OF DREAMS|中部国際空港セントレア
https://flightofdreams.jp

【関連記事】

富士重工業の航空機製造部門って何をしているの?【半田工場見学編】
https://clicccar.com/2016/12/16/426071/

富士重工業の航空機製造部門が作ったものはどうやって運ぶ?【セントレア見学編】
https://clicccar.com/2016/12/15/425966/2/

SUBARUがスポンサーとして協賛する新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」がセントレアにオープン(http://clicccar.com/2018/10/10/638398/)

【関連記事】【東京モーターフェス2018】SUBARU XVハイブリッドが先行展示。気になる燃費は19.2km/L【新型フォレスター「e-BOXER」試乗】加減速が続く一般道走行でも気分良くドライブさせてくれることがメリット輸出用フォレスターの積み込みにカーシッピングの職人技を見た。ドアが開けられないほどピッタリに積むから鍵は付けっぱなしでOK