三菱・パジェロが一部改良。標準装備、オプション装備を充実化

三菱・パジェロが一部改良。標準装備、オプション装備を充実化

三菱・パジェロが一部改良。標準装備、オプション装備を充実化の画像

次期パジェロにはPHEVが搭載されるのでは? などの噂もあるようですが、日本を代表するクロカン4WDの1台だけに、新型の行方は確かに気になるところです。いろいろな噂も流れる中、現行モデルの三菱パジェロが2018年10月11日、人気オプションを標準装備化するなど一部改良を受けました。

エントリーグレードである「GR」には、プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付)、ヘッドライトウォッシャー、オートライトコントロール、電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付)、LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)を標準装備。

さらに「GR」の内装に、本革巻ステアリングホイール、本革巻A/Tセレクトレバー、本革巻トランスファーレバー&パーキングブレーキレバーが標準装備され、クオリティアップが図られています。

また、ニーズの高かったというルーフレールと電動ロングサンルーフをパッケージメーカーオプションとして、「SUPER EXCEED」と「EXCEED」に設定されています。

価格帯は、3.0LのV型6気筒ガソリンと3.2L直列4気筒ディーゼルエンジンを積む「GR」が3,391,200円〜3,865,320円、「EXCEED」は3,839,400円〜4,282,200円。ディーゼルエンジンのみの「SUPER EXCEED」が4,951,800円です。

(塚田勝弘)

三菱・パジェロが一部改良。標準装備、オプション装備を充実化(http://clicccar.com/2018/10/13/639399/)

【関連記事】【新車】SUBARU XVに「e-BOXER」搭載する「Advance」を追加設定。一部改良も実施【新車】キュートになったダイハツ・ブーン。第3のデザイン「ブーン スタイル」も新設定【新型マツダ・CX-5試乗】待望の2.5Lガソリンターボは鋭い加速が魅力。2.2Lディーゼルにはクラス唯一の6MTを新設定