Moto GP日本ラウンドは今週末開催。その前にタイのラウンドを見てきた

Moto GP日本ラウンドは今週末開催。その前にタイのラウンドを見てきた

Moto GP日本ラウンドは今週末開催。その前にタイのラウンドを見てきたの画像

エキサイティングなレース展開が話題となり、バイクファン、モータースポーツファンの垣根を越えて人気が上昇しているのがMoto GP。そのMoto GPが10月上旬にタイで初開催されました。

Moto GPの舞台となったのは、スーパーGTの開催地としても有名なブリーラム県にあるチャーンインターナショナルサーキット。金曜日の予選日に到着すると、もうサーキットは完全なるレースモード。日本のレースでの予選日にはあまり見られないほど観客席は満席に近い状態です。

サーキットのあるブリーラム周辺はまだまだ開発途上の地域で、ホテルなどの宿泊施設も足りていないのが現状。予選日の夜を車中泊を行うことでしのいでいた人も多かったでしょうが、このレースはバイクのレースなのでバイクで来場する人も多数います。

そうした人に対応するためでしょう、バイクメーカーが会場内や近郊に多数のテントを張ったテント村まで作られていました。

レースの盛り上がりも凄かったですが、その盛り上がりを支えるさまざまなイベントも盛りだくさんに用意されていました。スケジュールの都合で実際にイベントを見ることはできなかったのですが、会場内ではムエタイの試合や、アイドルグループのコンサートも開催。サーキット内には、レースに関連するブースはもちろん、さまざまなブースが展開されています。

チャーンインターナショナルサーキットのチャーンとはタイでメジャーなビールブランド。そうしたこともあり、日本のサーキットではあまり表立っていないアルコール類の提供(有料)にも積極的で、特設のテントが張られ、さながらビヤホールやクラブのような雰囲気になっている場面も見られました。

ブリーラムのあるタイ東北部は農作物の生育が遅いなどのこともあり、比較的貧しい地域と言われています。そこで政府主導でモータースポーツやサッカーを通じて地域振興を図ろうという政策が進められていて、さまざまな取り組みが行われています。

これからどんどん発展していくタイ東北部はさまざまな意味で楽しみにあふれています。来年もスーパーGTやMoto GPのレーススケジュールが組み込まれているので、日本から観戦で訪れる方も多いことでしょう。

レースを見るのはもちろん楽しいですが、せっかく足を運ぶのだからさまざまなな楽しみをしてみてはいかがでしょうか? 政府観光庁のホームページではそうした情報も数多く手に入れることができますので、ご参考にして下さい。

そうそう、Moto GP日本ラウンドは10月19日からツインリンクもてぎにて開催です!

《撮影 諸星陽一》

【関連リンク】

タイ観光案内サイト | 【公式】タイ国政府観光庁
https://www.thailandtravel.or.jp/

Moto GP日本ラウンドは今週末開催。その前にタイのラウンドを見てきた(http://clicccar.com/2018/10/15/639705/)

【関連記事】タイの田舎に出没する謎のクルマ「ロット・イーテン」とは?初開催となる「MotoGPタイグランプリ」を記念した、MotoGP PTT Thailand Grand Prix 2018 ブリーラム・ナイトでタイの魅力を満喫しましたMotoGPの第一線で戦う唯一の日本人若者ライダー「中上貴晶」選手に迫る!