ベントレーがイギリスの名門芸大RCAの学生達と予測した「2050年の高級車」とは?

ベントレーがイギリスの名門芸大RCAの学生達と予測した「2050年の高級車」とは?

ベントレーがイギリスの名門芸大RCAの学生達と予測した「2050年の高級車」とは?の画像

高級車ブランド「ベントレー」が、英国のRCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)でデザインを専攻する学生達との共同研究として、2050年のラグジュアリーカーを予測するレンダリングを公開しました。

RCAは1837年、ロンドンに設立された最高峰のアート&デザイン専門大学院で、多くの優秀な人材を輩出しています。

このプロジェクトは同校の卒業生でベントレーのデザインディレクターを務めるStefan Sielaff(ステファン・ジーラフ)氏が立ち上げたもので、学生達は世界がバーチャル&デジタル化するなか、未来のベントレーをテーマに、いかにして本物のグランドツーリングのイメージを確立するかに挑戦。

そして今回、24名の学生から提出された作品の中で、RCAの講師とベントレーのデザインチームが特にインスピレーションを刺激された4名の作品が紹介されています。

Kate NamGoong(ケイト・ナムグン)君の作品「マテリアル・ヒューマニティ」(上の2点)は将来、完全自動化・電動化が進んでも、エンジン付き車を運転できるのが本当の贅沢であることを表現しているそうです。

またIrene Chiu(アイリーン・チウ)君の作品「ラグジュアリー・ランドスケープ」は、ストレスになるノイズをフィルタリングして快適な音響を残すことができるクルマ。

一方、Jack Watson(ジャック・ワトソン)君の作品「ストラトスフェリック・グランドツーリング」(下)は、100年近いベントレーのデザイン研究における技術革新の歴史からインスピレーションを受けたもので、将来現実化するであろう壮大な成層圏へのグランドツーリングをイメージ。

Enuji Choi(エヌジ・チョイ)君の作品「エレガント・オートノミー」(下)は、スマートシティにおいて自動運転車に乗る際に必要になると予想される優雅さや礼儀正しさを表現しているそうです。

ベントレーによると、これらRCAとの共同研究は「未来の英国のラグジュアリーカー」をテーマにした学問的な試みであり、同社のデザインの方向性を示すものではないとしていますが、その作品は様々な示唆に富んでいて、興味深い内容となっています。

(Avanti Yasunori・画像:Bentley)

【関連リンク】

ベントレー
https://www.bentleymedia.com/en/_home

ロイヤル・カレッジ・オブ・アート
https://www.rca.ac.uk/

ベントレーがイギリスの名門芸大RCAの学生達と予測した「2050年の高級車」とは?(http://clicccar.com/2018/10/17/640614/)

【関連記事】歴代最高の670馬力。新型・ベントレー コンチネンタルGTに「スピード」設定へベントレーのSUV・ベンテイガに、高性能モデル「スピード」設定の噂セダン初のPHVは最大50kmの電気走行!ベントレー・フライングスパー新型、ニュルで高速テスト