【国際航空宇宙展2018東京】クルマだけじゃない。空と宇宙に拡張を目指すSUBARUブランドをアピール

自動車と航空機産業という2本柱で事業展開しているSUBARU。同社は、以前お伝えしたように、中部国際空港(セントレア)にできた話題の「FLIGHT OF DREAMS」にもスポンサーとして協賛しています。

SUBARUは、2018年11月28日(水)〜30日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「国際航空宇宙展2018東京(JA2018)」に出展すると発表しました。「JA2018」は国内外の航空宇宙産業の関係者が集う展示会で、前回のJA2016以来2年ぶりの開催。

今回のSUBARUブースでは、「受け継がれる、ものづくりの情熱」をコンセプトとして掲げ、空と宇宙へのSUBARUブランド拡張を目指し、安心・安全を実現する高度なインテグレーション能力と、次世代へ向けた取組みがゾーン別に展示されます。

主な出展内容は、「SUBARU BELL 412EPX/UH-Xゾーン」に2018年7月5日に米国連邦航空局の型式証明を取得した民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の大型模型(2/5スケール)、このSUBARU BELL 412EPXをベースとした陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター「UH-X」の模型(1/10スケール)を展示。

「旅客機ゾーン」には、ボーイング社と共同開発した旅客機、ボーイング787「中央翼」のスケルトン模型(1/10スケール)が展示されます。

「完成機ゾーン」には、海上自衛隊向け練習機「T-5」、航空自衛隊向け初等練習機「T-7」、陸上自衛隊向け多用途ヘリコプター「UH-1J」、陸上自衛隊向け戦闘ヘリコプター「AH-64D」など、SUBARUが手掛ける完成機が模型で紹介されます。

「無人機・将来技術ゾーン」では、「空の移動革命に向けた取組み」として将来モビリティの可能性について映像展示にて紹介されます。

(塚田勝弘)

【関連記事】

SUBARUがスポンサーとして協賛する新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」がセントレアにオープン
https://clicccar.com/2018/10/10/638398/

【国際航空宇宙展2018東京】クルマだけじゃない。空と宇宙に拡張を目指すSUBARUブランドをアピール(http://clicccar.com/2018/11/24/657323/)

【関連記事】【SUBARU XV e-BOXER試乗】フォレスターのe-BOXERよりも元気な走りと乗り心地の良さが味わえる【新車】スバルXVの北米仕様に8.8kWhのリチウムイオン電池を積んだプラグインハイブリッドが登場【新車】スバルから2モーターを搭載したプラグインハイブリッドの「CROSSTREK HYBRID」が登場。日本での販売は?