まるでリゾート地! サーキットとは思えないラグジュアリーな空間にびっくり!!【F1女子アブダビGP観戦記〜サーキット編〜】

まるでリゾート地! サーキットとは思えないラグジュアリーな空間にびっくり!!【F1女子アブダビGP観戦記〜サーキット編〜】

まるでリゾート地! サーキットとは思えないラグジュアリーな空間にびっくり!!【F1女子アブダビGP観戦記〜サーキット編〜】の画像

■アブダビGPデビューしちゃいました!
早いもので2018年も残りわずか。振り返ってみると今年もF1をはじめ、レースを見に様々なサーキットに行きました(ほぼ月1ペース!)。

なかでも一番思い出に残っているのが、憧れだったF1アブダビGPに行ったことです。ということで、今回はF1女子的アブダビGP観戦記をお届けします。「いつかアブダビGPに行ってみたい! いや来シーズン絶対に行く!!」という方のお役にたてたら幸いです。

【アブダビGPに行くまで】
2009年に初開催され、今年で10回目となったアブダビGPはアラブ首長国連邦の首長国、アブダビのヤス島にあるヤス・マリーナサーキットで行われ、欧州でのテレビ放送時間の調整と炎天下での観戦を避けるため、レース開始は日没直前。

その後は夜間の照明の下を走る、全21戦中唯一の「トワイライトレース」です。

海外GPに行く時まず考えるのがツアーで行くのか、それとも個人手配で行くか。初めて行く土地&英語が通じるか不安で最初はツアーも考えましたが、調べる過程も楽しいので思いきって個人手配にしました!

F1大好きな両親と一緒に行ったため、サーキットまで徒歩約15分のホテルに宿泊。道が明るく人もたくさん歩いていて怖くないし、快適な毎日でした。

ちなみに心配していた言語ですが、ほとんどの道路表示やレストランのメニューはアラビア語と英語で表記されていたので、不自由なく過ごせましたよ(現地の人との会話も英語でOK)。

アブダビへは成田空港から直行便が飛んでおり、火曜日の夜に日本を出発し水曜日の深夜(現地時間)に到着。海外観戦で何が一番かかるかといったら交通費ですが、今回はここが他の国に比べて安くすんだので助かりました。

航空会社はエティハド航空。機内に乗り込み座席に座るとスクリーンがF1仕様になっていて、現地に着く前からテンションが上がりなかなか寝付けませんでした(笑)。
【はじめてのヤス・マリーナ・サーキットに、ただただ感動!】

初めて訪れたヤス・マリーナ・サーキットで驚いたのは、充実した休憩スペース! もちろんどのサーキットにも休憩スペースはありますが、大体は簡易的なイスとテーブルのみ。

でもここには、ゆっくりくつろげるソファやクルマをモチーフとした可愛い物まであり、サイン会やセッションが始まるまでの待ち時間も優雅に過ごせ、まるでリゾート地に来ているような気分になりました。

そして無料でマッサージ、ネイル、ヘアアレンジ、メイクをしてくれるビューティーコーナーもあってびっくり!  せっかくなのでヘアアレンジをしてもらったのですが、「誰これ!?」というくらい別人に大変身しちゃいました。

また、すぐ隣にはタトゥーシールを貼ってくれるスペースもあり(無料)、女子力UPできて大満足☆

日本GP同様、木曜日にはピットウォークがあるのですが、アブダビGPのピットウォークは11時から16時15分と長時間! なので、人が分散し各チームのマシンをゆっくり見ることができました。

個人的に感動したのが、ヤス・マリーナ・サーキット名物(!?)、レーストラックの下をくぐるユニークなトンネル・ピットレーンの出口。

「テレビで見ていたのと同じだ〜!」と、無駄に写真を撮りまくりました(笑)。

さらにピットウォークの入り口では、水を配布してくれるサービスも! 日差しが強く毎日30度越えだったので、ありがたかったなぁ。

ちなみにアブダビGPの手荷物検査はとても厳しく(空港の検査なみ!)、ペットボトルも蓋が空いている物は没収されたので、持って行く際は要注意です。

両親はライターも没収されていました(汗)。
【ドライバーサイン会で幸せの絶頂に】
私が海外観戦で一番重要視しているのが「ドライバーに会えるかどうか」。アブダビGPのサイン会は毎日、しかも並べば必ず貰えるという方式だったので、条件クリアです。

今年のスケジュールは木曜日ルノー、マクラーレン、メルセデス、フェラーリ、金曜日レッドブル、ウイリアムズ、土曜日トロロッソ、ハース、日曜日フォースインディア、ザウバー。スケジュールはヤス・マリーナ・サーキットオフィシャルSNSで水曜日に発表されました。

場所はFan Zoneで行われ、ステージ前に用意された柵に並ぶとそこにドライバーが来てくれるというもの。2列目からでも手を伸ばせばサインを貰うことができますが、「ドライバーと写真が撮りたい!」という方は最前列がおススメです。

人気ドライバーのいるチーム(マクラーレン、フェラーリ、メルセデス)は1時間30分前くらいから人が集まりだし、あっという間に列は何重にもふくれあがりました。

他のチームは30分前に行っても端のほうなら最前列をGetできましたが、サイン会前にステージ上で行われるトークセッションを目の前で見たいという方は、もう少し早めに待機しておいたほうがいいかも☆

大人気だったフェラーリ。ドライバーが目の前に来ると後ろから容赦なく手が伸びてきて、まともにドライバーの顔が見られません(涙)。その様子を見たセバスチャン・ベッテルは「押すな、押すな」と注意してくれて感動。

アイスマンことキミ・ライコネンは母の手作りフラッグに「もうサイン書いてるじゃん」と笑いながら、その隣にもう一度サインを書いてくれ、またまた感動。

二人の優しさを感じた瞬間でした。

現役最強と呼ばれ、誰もが引退を惜しんだフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)。オーラが違います。

トークセッション中、ファンから貰ったという木のおもちゃをくるくる回して遊んでいたかと思えば 「凄い音がするんだよ」と司会者のマイクを取り、おもちゃにマイクを向けるアロンソ様……(笑)。走りだけでなくこのお茶目な性格もまた好きなんだよなぁ、としんみりしちゃいました。

金曜日以外(その理由はまた後日レポートします!)は毎日サイン会に参加し、ドライバーとの交流を楽しむことができました。

やっぱりF1ドライバーって、最高にかっこいい!!
【待ち時間も楽しい、アブダビGP】

私が購入した席はMARINA GRANDSTAND。サイン会の行われるFan Zoneから距離がありますが、無料シャトルバスが随時走行しているので移動も楽々です。

スタンドに着いて驚いたのが、そのキレイさ! どのスタンドも観光地の建造物のような作りで、サーキットにいる感じがしませんでした。またスタンド内には飲食店やトイレもたくさんあり、快適に過ごすことができましたよ。

海外グランプリに行くといつも思うのですが、待ち時間が楽しい! 各エリアのステージではライブを行っていたり、あらゆるところにパフォーマーが出現してお客さんを飽きさせない、いやむしろ楽しませてくれるんです。

そして何より感動したのが、トワイライトレース! 同じ景色なのに1時間後には全く違う世界が目の前に広がり、1度で2度おいしい、なんだか得した気持ちになりました。

地元の人も優しく、全てが最高! また絶対に行きたい、大好きなグランプリです!!

(yuri)

まるでリゾート地! サーキットとは思えないラグジュアリーな空間にびっくり!!【F1女子アブダビGP観戦記〜サーキット編〜】(http://clicccar.com/2018/12/29/664587/)

【関連記事】スーパーGTに興味あり!? ピエール・ガスリーが山本尚貴に尋ねていたタイヤの秘密は?【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2018レポート〜後編〜】注目F1ドライバー、ピエール・ガスリーは分刻みのスケジュールで大忙し!【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2018レポート〜前編〜】激動キャリアを締めくくったフェルナンド・アロンソ特集に感動!アロンソが選ぶベストレースは?【F1速報×F1女子〜アブダビGP号〜】