【新車】SUBARU・サンバーバンがMT車にも衝突回避支援システムを設定

【新車】SUBARU・サンバーバンがMT車にも衝突回避支援システムを設定

【新車】SUBARU・サンバーバンがMT車にも衝突回避支援システムを設定の画像

ダイハツからOEM供給を受けているSUBARUサンバーバンが2018年12月17日に一部改良を受けました。ダイハツ・ハイゼットカーゴと同様に、安全装備のアップデートを受けたもので、MT車にも衝突回避支援システム「スマートアシストV」を新たに採用。

バンのMT比率は乗用車よりも高いはずで、安全装備の強化はこれから必須で、衝突被害軽減ブレーキを義務化すべきという声もあります。まずはメーカーの姿勢や努力で義務化されずとも普及されるのがベストでしょう。

2017年11月に改良されたサンバーバンのAT車と同じように、ベースグレードの「VB」から「スマートアシストV」が全グレードに展開されています(VC、VCターボは標準装備)。そのほか、リヤコーナーセンサー、VDC(ビークルダイナミクスコントロール) 、エマージェンシーストップシグナルをスマートアシストV搭載車に標準化されています。

これにより、2018年6月に発売された「サンバートラック」のスマートアシストVtとともに、軽商用車の安全性を向上させています。SUBARUサンバーバンの価格帯は、934,200円〜1,655,640円です。

(塚田勝弘)

【新車】SUBARU・サンバーバンがMT車にも衝突回避支援システムを設定(http://clicccar.com/2018/12/19/669754/)

【関連記事】【新車】SUBARU・シフォンに、スポーティなインテリアが際立つ「G Special Sport スマートアシスト」が登場【#スバコミ SUBARU MOTOR SPORT応援プロジェクト】今泉 史の新城ラリー応援REPORT8〜9割まで装着率が高まっているダイハツ・スマートアシスト装着車が累計販売台数200万台を突破