【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカー「S209」がワールドプレミア

【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカー「S209」がワールドプレミア

【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカー「S209」がワールドプレミアの画像

■EJ系エンジンを積む、最後のコンプリートカー!?
新型スープラがついに市販版をワールドプレミアすることで話題を集めている2019年北米国際自動車ショー(通称:デトロイトモーターショー)は、日本のスポーツカーで盛り上がりそうです。

なんと、2019年1月14日に開幕するデトロイトモーターショーにおいて、スバルテクニカインターナショナル株式会社(STI)が、同社コンプリートカーの最新作「S209」を世界初公開することを発表しました。これまで日本市場向けに展開してきた「S」シリーズが、ついにグローバル展開というわけです。

現時点で公開されているのは、フロントグリルに「S209」の車名エンブレムがセットされたイメージカット一枚のみですが、そのグリル形状から現行WRXをベースとしていることは明確です。北米のスバル現地法人のニュースリリースが「WRX STI」に分類されていることから、やはり従来通りの流れを汲んだコンプリートカーとなりそうです。

しかしながら、車両スペックについては、まったく公開されていません。気になるのは、北米で販売されているWRX STIは310馬力の2.5Lターボエンジンを搭載しているということです。2.5Lがスタンダードなエリアにおいて、これまでの「S」シリーズのような2.0Lターボエンジンのチューニングでは、ダウンサイジングに見えてしまいそうです。

初代インプレッサの時代からWRXを支えてきた2.0Lターボ『EJ20』エンジンも、そろそろ役目を終えると噂されていますが、おそらくEJ系エンジンを積む最後のSTIコンプリートカーには、どのようなエンジンを与えられるのでしょうか

(山本晋也)

【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカー「S209」がワールドプレミア(http://clicccar.com/2018/12/28/674588/)

【関連記事】陸上自衛隊の新多用途ヘリコプター試作機の飛行試験をスタート【東京オートサロン2019】SUBARUとSTIから「フォレスターSTI」「インプレッサSTI」のコンセプトモデルが登場SUBARU・アセント、アウトバックなど7車種が「IIHS」の2019年安全性評価で「トップセイフティピックプラス」を獲得