【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】車両本体価格1200万円超の装備、スペックとは?

【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】車両本体価格1200万円超の装備、スペックとは?

【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】車両本体価格1200万円超の装備、スペックとは?の画像

●2本のパワードームでハイパフォーマンスを主張するメルセデスAMG E 53
全長4950×全幅1850×全高1450mmの「メルセデスAMG E 53 4MATIC+」は、ノーマルのEクラスよりも全長が20mm長く、トレッドはフロントが30mmワイドで、リヤは5mm狭くなっています。

ISG搭載の同モデルは、「256」型の直列6気筒エンジンを搭載し、以前お伝えしたように、435ps/520Nmというスペックに加えて、48Vマイルドハイブリッドシステム、電動スーパーチャージャーの過給によりスムーズかつパワフルな走りを実現しています。トランスミッションは、シフトスピードを大幅に短縮したという9速のAMGスピードシフトTCTと呼ぶデュアルクラッチトランスミッションが組み合わされています。

外観は、ボンネットにある2本のパワードームがハイパフォーマンスモデルであることを主張し、E 53専用の「AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リヤスポイラー)」、「AMGトランクリッドスポイラーリップ」、「AMGエグゾーストシステム」、そして「20インチAMG 5ツインスポークアルミホイール」を装備。

黒を基調に赤のアクセントカラーが配された内装は、本革シートはもちろん、メタルウィーブインテリアトリム、ピアノラッカー調センタートリムなどにより、レーシーな雰囲気が漂います。

走りを支える装備としてはほかにも、エコ、コンフォート、スポーツ、スポーツ+、レース、インディビジュアルから走行モードが選べる「AMGダイナミックセレクト」、「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」などに加えて、3ステージESPを搭載。こちらは安全性第一の「ESP ON」、一定のドリフトアングルを許容する「ESP SPORT Handling」、サーキット走行向けの「ESP OFF」が設定されています。

安全装備は、レーダーセーフティパッケージが標準になるほか、マルチビームLEDヘッドライト、アダプティブハイビームアシスト・プラスなどを標準化。

試乗車の「メルセデスAMG E 53 4MATIC+」は、1202万円という車両本体価格で、「エクスクルーシブパッケージ(50万6000円)」、「ヒヤシンスレッド」のスペシャルメタリックペイント(11万4000円)」が加算され、オプション込みは1264万円となります。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】直列6気筒エンジン+ISG+スーパーチャージャーのスムーズな走り
https://clicccar.com/2018/12/27/673786/

【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】車両本体価格1200万円超の装備、スペックとは?(http://clicccar.com/2019/01/02/674741/)

【関連記事】新型Cクラスの登場は2021年! 開発車両を豪雪地帯でキャッチメルセデスAMG GLC63、早くも改良型を目撃!【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】直列6気筒エンジン+ISG+スーパーチャージャーのスムーズな走り