日本でいうなら「悪夢」じゃなくて「魔改造」!? メルセデス・ベンツのピックアップ「Xクラス」が大変身

日本でいうなら「悪夢」じゃなくて「魔改造」!? メルセデス・ベンツのピックアップ「Xクラス」が大変身

日本でいうなら「悪夢」じゃなくて「魔改造」!? メルセデス・ベンツのピックアップ「Xクラス」が大変身の画像

●6輪フルカーボンのピックアップはまさに「悪夢」!?
ポーランドを拠点とするチューニングメーカー「Carlex Design」のピックアップ部門が、メルセデス・ベンツ「Xクラス」のカスタムカー「ExymモンスターX」を初公開しました。

通称「ナイトメア・ピックアップ」(悪夢のピックアップ)と呼ばれるそのチューニングカーはなんと6輪化され、ローダウンされたフルカーボンボディに専用のバンパー・グリル・ウィンチを装備。ルーフにはシートや荷台と同色のライトバー、ボンネットにはエアスクープを配置し、巨大なフェンダエクステンション、イエローのセラミック・カーボンブレーキディスク、ブリヂストン・ポテンザの高性能タイヤを6輪に装着、テールゲートをXデザインに仕上げており、他を圧倒する迫力です。

パワートレインは、ベースモデル同様の3リットルV型6気筒ストックターボディーゼルエンジンを搭載、最高出力は285ps、最大トルクは550Nmとみられます。

(APOLLO)

日本でいうなら「悪夢」じゃなくて「魔改造」!? メルセデス・ベンツのピックアップ「Xクラス」が大変身(http://clicccar.com/2019/01/06/677959/)

【関連記事】ドイツの2018年新車販売、ディーゼル車シェア減・電動モデルが増加傾向【メルセデスAMG E 53 4MATIC+ 試乗】車両本体価格1200万円超の装備、スペックとは?新型Cクラスの登場は2021年! 開発車両を豪雪地帯でキャッチ