ハース主席レースエンジニア・小松礼雄が考える、人材育成の秘訣とは?【F1速報×F1女子〜2019年オフシーズン情報号〜】

ハース主席レースエンジニア・小松礼雄が考える、人材育成の秘訣とは?【F1速報×F1女子〜2019年オフシーズン情報号〜】

ハース主席レースエンジニア・小松礼雄が考える、人材育成の秘訣とは?【F1速報×F1女子〜2019年オフシーズン情報号〜】の画像

●「F1速報2019年オフシーズン情報号」発売!
F1 2018年シーズンが終わって、早2カ月。皆さん、F1ロスになっていませんか?

私は絶賛F1ロス中。寂しくて「今シーズンはどこのグランプリを観に行こうかな〜」なんて、行けるか分からない海外グランプリのホテルや交通手段、チケットなどを調べる毎日です(笑)

そんな私の元にやってきたのが、「F1速報2019年オフシーズン情報号」。気になる最新F1事情がたっぷりと記載されており、満足度100%! 乾いた心を潤してくれた本誌の内容を、少しだけ紹介しちゃいます!!

●巻頭特集はレッドブル・ホンダ!
今一番気になるのは、やっぱりレッドブル・ホンダですよね。

2015年にF1復帰しマクラーレンとタッグを組んだホンダは、歯車が噛み合わず思っていたような結果を出すことができませんでした。昨シーズンからパワーユニット供給先をトロロッソへ変更し、さらに今シーズンからチャンピオンチーム、レッドブルへの供給も発表され新たに誕生する「レッドブル・ホンダ」に期待が高まります。

本誌ではそんなレッドブル・ホンダについて、21ページにわたり徹底分析! その中でも特に興味深かったのが、関係者が語る現在の状況でした。

「これまでのところ、技術面での約束はひとつ残らず守られている」と語るのは、レッドブルのレーシングディレクター・ヘルムード・マルコ。日本人たちの仕事に、大いに感銘を受けたようです。
「私たちのホンダに対するアプローチは、かつてマクラーレンが取った態度とは異なっている。これはF1に参戦して初めて訪れた(ワークスチームになる)機会であり、ホンダには『どんなものであれ、あなたたちがベストと考えるパワーユニットを作ってほしい。私たちはそれに合わせたシャシーを作る』と伝えた。マクラーレンの人々は、そういう考え方はしなかった。同じレッドブル傘下のトロロッソがホンダと1年間仕事をしてきたことも、私たちにはアドバンテージになる。チーム代表のフランツ(トスト)は、いまや半分日本人と言ってもいいほどだよ! 日本の文化はヨーロッパとは根本的に違っているから、私たちはそれを尊重し、適応する必要がある。ホンダにはF1で成功を収めるのに必要なリソースがすべて揃っているし、私は彼らがそのためにどれほどの努力をしているか、この目で見てきた」

「フランツは、半分日本人と言ってもいいほどだよ」だなんて! なんだか嬉しいですね。

では、ホンダサイドの意見はどうなのでしょうか。ホンダF1を指揮する本田技研工業株式会社モータースポーツ部部長 山本雅史氏のロングインタビューによると、「昨年トロロッソとパートナーを組んで、コミュニケーションの仕方とかを学び、シーズン途中でレッドブルとも話を始めているので、あまり違和感はないです」と、こちらも嬉しい言葉!!

とは言えこれまでと違う2チームへのパワーユニット供給は、少し不安な所もあるのがファン心理。この懸念について、山本氏は以下のように語っています。
「全体に言えることかもしれないけど、台数が掛け算で倍になる。人もかけているんですけど、すべてが×2にはなっていない。仕事にはある程度の密度感が必要だと思っていて、×2にはしていないんです。その点で、みんながうまく流れていくために、効率も考えながらやっている。一番懸念しているのはミスが出ないようにするってことですね」

この他にも現状のホンダの相対的な自己評価、今シーズンの展望、2月に控えたバルセロナテストについてたっぷりと語ってくれています。

「今シーズンは勝利のチャンスがある」と自信も見せてくれていますが、果たしてどこのグランプリでの勝利を予想しているのでしょうか……? 気になる答えは、ぜひ本誌でご確認ください!

またホンダパワーユニット、RA618H(2018年)のテクニカル面での進化、レッドブル、トロロッソの4名のドライバーについても詳しく記載されており、こちらも見逃せない内容になっていますよ。
●今号の一押しコンテンツ!
近年F1の世界で働く日本人が増えてきましたが、その中でもトップクラスといっても過言ではないハース主席レースエンジニアの小松礼雄さん。

TVにはたくさん映ってもその素顔が明かされることは、なかなかありません。本号では、そんな小松さんの超貴重なスペシャルインタビューが掲載されているんです!

主席レースエンジニアという立場で、トラックサイド部門を統括するというチームにとって重要なポジションにいる小松さんですが、どのようにチームをまとめているのでしょうか。
「なるべく褒めるように心掛けているし、責任も与えるようにしています。たとえば、メルセデスから加入したストラテジストがいますが、すごく仕事ができる人物なんです。でも、最初はあまりうまくいきませんでした。メルセデス時代はファクトリーベースだったので、実際にピットウォールで作業するのが初めてだったんです。だから、本人は言わなかったけど、実際はすごくプレッシャーを感じていたんでしょうね。僕はもう何年もピットウォールで仕事をしているから、その重圧を忘れてしまっている部分もあって、彼のそういう状況の変化にちゃんと気を使ってあげられなかった。ですから、いい意味で期待値を下げないといけないなと感じて接し方を変えたりしました。18年は互いのことがよく分かってきて、どの方面からレースを見ているのか、ということも理解できていたので、いちいち説明し合わなくても『あ・うん』の呼吸で物事を進められるようになりました」
世界中を転戦とし、F1というトップカテゴリーで戦い続けている小松さんって最高にかっこいい! と思いますが、小松さん自身はまだまだ課題があると言います。
「たぶん、僕はちょっと厳しすぎるんです。意識・目標・課題など、なんでも“共有する”ことを重視して仕事をしているつもりだけど、それでも相手にうまく通じていない時もあって。僕がすごく仕事ができると思っている人でも、時おり『まだそんなこと言っているの?』と感じて、厳しく言ってしまうことがあるんです。それはダメですね。僕のことを10年くらい知っている人ならいいけど、新しい人にそれをやると萎縮してしまう。そうすると、僕のことを怖がって何も意見を言えなくなってしまうので、そこは改善しないといけないと考えています。そんな状況に陥ったら、組織が死んでしまいますから」

また、ドライバーについても触れており、小松さんによるとロマン・グロージャンは「ピカイチの速さがあるけれど、レースではもう少し落ち着いて戦ってほしい」、ケビン・マグヌッセンは「金曜日(フリー走行)の結果が悪くても、ドライバーとしてそのポジションまで毎回いけると自信を持っているところが凄い。課題は状況変化への対応力」なのだそうですよ。

今まであまり明かされなかった小松さんについて深く知れる、「小松礼雄スペシャルインタビュー」。ハースファンはもちろんですが、将来F1に携わる仕事をしたい!、上の立場になり人材育成に悩んでいる……という方にもぜひ読んでもらいたい、私的一押しコンテンツです。

この他にもF1解説でお馴染みの川井一仁さんが分析する「リバティ・メディア体制の成果と課題」や、国内外のF1ジャーナリストのトークバトル「2019 F1大予想」「アロンソ&ライコネン選択の行方」など読み応えのある「F1速報2019オフシーズン情報号」は書店、または三栄書房オンラインショップで好評発売中です!

オフシーズンの間に、じっくり読んでみてはいかがでしょう?

(yuri)

ハース主席レースエンジニア・小松礼雄が考える、人材育成の秘訣とは?【F1速報×F1女子〜2019年オフシーズン情報号〜】(http://clicccar.com/2019/01/29/679904/)

【関連記事】まるでリゾート地! サーキットとは思えないラグジュアリーな空間にびっくり!!【F1女子アブダビGP観戦記〜サーキット編〜】スーパーGTに興味あり!? ピエール・ガスリーが山本尚貴に尋ねていたタイヤの秘密は?【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2018レポート〜後編〜】注目F1ドライバー、ピエール・ガスリーは分刻みのスケジュールで大忙し!【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2018レポート〜前編〜】