「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発

ヤマトホールディングス、ベル ヘリコプターとの共同開発で"空飛ぶクロネコ"実現へ

記事まとめ

  • ヤマトHDが米ベル社との共同開発によるeVTOLを使った"空飛ぶクロネコ"サービスを発表
  • 物流業務でのノウハウを活かしたポッドをヤマトが開発しベル社が機体の設計などを主導
  • 経産省や国交省においても官民協議会を発足、ルール作りに向けた議論を始めている

「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発

「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発

「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発の画像

●緊急時の物資運輸も期待される「eVTOL」による「空飛ぶクロネコ」サービス
米「ベル ヘリコプター」との共同開発によるeVTOL(電動垂直離着陸機)を使った「空飛ぶクロネコ」サービスを発表したヤマトホールディングス。

人手不足が課題の物流業界では輸送の効率化が喫緊の課題となっており、日経新聞によると、同社は2025年までにeVTOLを配送サービスに導入するそうです。

輸送スピードの速さを活かし、物流の効率化に繋げる考えのようで、機体サイズはドローンと飛行機の中間サイズとなる模様。最大積載量は大型機の場合約450kg。機体中央のポッド(外装式輸送容器)に荷物を格納し、160km/h以上の速度で空中を無人で移動します。

これまで培ってきた物流業務でのノウハウを活かしたポッドをヤマトが開発、ベル社が機体の設計・開発・製造を主導。今夏を目処に米国で共同実証実験を開始するそう。

経産省や国交省においても官民協議会を発足させ、運航管理や衝突回避などのルール作りに向けた議論を始めており、人手不足補完に加え、災害時における被災地への物資空輸についても期待が高まっているようです。

(Avanti Yasunori・画像:YAMATO Holdings)

【関連リンク】

ヤマトホールディングス
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h30/h30_62_01news.html

「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発(http://clicccar.com/2019/01/11/680666/)

【関連記事】自動車学校が「ドローン」の操縦教習をスタート。その背景とは?走行中にドローン視点で自車の映像が見られるOKIの「フライングビュー」【運輸・交通システムEXPO2018】トヨタ共販とヤマト運輸が共同でロジスティクスを「カイゼン」、ドライバー不足に対応