メルセデス・ベンツ Eクラス セダンが大幅改良へ。367馬力のマイルドハイブリッドも

メルセデス・ベンツ Eクラス セダンが大幅改良へ。367馬力のマイルドハイブリッドも

メルセデス・ベンツ Eクラス セダンが大幅改良へ。367馬力のマイルドハイブリッドもの画像

●フルモデルチェンジ並の重擬装。新型Eクラスは大幅なアップデートを実施?
メルセデスベンツのミッドサイズセダン「Eクラス」改良型の開発車輌を、摂氏マイナス40度ともいわれる厳冬のノルウェーでカメラが捉えました。

至近距離から撮影したプロトタイプは、フルモデルチェンジ級のカモフラージュがほどこされています。

強い光を放つLEDデイタイムランニングライトを備えるシャープなヘッドライトや、グリル形状は明らかに現行モデルと異なっています。恐らくフロントエンドは「Aクラス」や「CLS」から継承される「プレデター」デザインへ進化するはずです。テールライトは、完全に隠されていますが、現行モデルより、薄型のデザインが採用される可能性もあるようです。

コックピットは、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載する「MBUX」やタッチパッドを装備し、高度な学習機能を持つボイスコントロールも備えるでしょう。

パワーユニットの注目は、3リットル直列6気筒+マイルドハイブリッド「EQ Boost」の新設定です。これは現在ラインアップされている3リットルV型6気筒ツインターボ「E450」に代わるもので、最高出力は367psを発揮します。

そのほか、2.0リットル直列4気筒ターボの「E200」、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボの「E220d」、2.0リットル直列4気筒ターボの「E250」、そして2.0リットル直列4気筒ターボ+電気モーターの「E350e プラグインハイブリッド」はキャリーオーバーされると思われます。

セダンにともない、「クーペ」、「ステーションワゴン」、「オールテレーン」も改良型の開発に着手しているようですが、まずはセダンが2019年秋にデビューとなりそうです。

(APOLLO)

メルセデス・ベンツ Eクラス セダンが大幅改良へ。367馬力のマイルドハイブリッドも(http://clicccar.com/2019/01/22/681343/)

【関連記事】登場は2020年! プジョー最小の新型クロスオーバーSUV「1008」の開発車両をキャッチアウディの新型クーペSUV「Q4」プロトタイプをキャッチ。寝かされたDピラーが特徴的アルピーヌ・A110に最強モデルが設定。噂の日産版はどうなる!?