【東京オートサロン2019】スバルは内外装の質感向上を狙ったコンセプトカーが複数登場!3分で分かるTAS・メーカー編:スバル/STI

【東京オートサロン2019】スバルは内外装の質感向上を狙ったコンセプトカーが複数登場!3分で分かるTAS・メーカー編:スバル/STI

【東京オートサロン2019】スバルは内外装の質感向上を狙ったコンセプトカーが複数登場!3分で分かるTAS・メーカー編:スバル/STIの画像

時間のない人、気の短い人に最適!自動車メーカーのブースの見どころを、超手短に紹介していきます!

東棟ホール7に、スバル/STIブースがあります。このブースの注目点は、「STIチューニングと内外装の質感向上したスポーティーカー」たちでしょう。

壇上には、スーパーGT参戦のスバルBRZ GT300マシン、およびWRX STI NBRマシンが並んであります。

レースの世界でも厳しい状況にあるスバル/STIにとって、2019年はどういった対策を入れ、そしてファンを楽しませてくれるのか、我々に期待を抱かせてほしいと思います。

そしてフロア上には、「フォレスター ADVANCE スポーツコンセプト」そして「インプレッサSTI Sportコンセプト」と、2台のコンセプトカーが鎮座しています。

「フォレスター ADVANCE スポーツコンセプト」は、ブレンボブレーキを前輪に搭載、19インチタイヤホイールを装着し、ダンパーも見直しているといいます。ダークグレーのボディに、同色のホイール、ホイールの中に見える大型のブレンボブレーキが目を引きます。

そして「インプレッサSTI Sportコンセプト」は、STIのハンドリングを持たせたうえで、内外装のクオリティを向上し、より高級路線を望むお客様に向けた一台となっているそう。ブラックのホイール、ブラックのルーフ、サイドミラーなど、統一感があり、スバルブルーとは違った印象があります。

昨年のスバルと言えば、日産と同様、完成車検査体勢にて不祥事を起こし、お客様からの信頼性低下で、新聞やメディアに大きく叩かれました。ただ、起こしてしまったことは反省し、改善して未来へとつなげていくことが大切ですよね。

(文:吉川賢一/写真:鈴木祐子)

【東京オートサロン2019】スバルは内外装の質感向上を狙ったコンセプトカーが複数登場!3分で分かるTAS・メーカー編:スバル/STI(http://clicccar.com/2019/01/13/682634/)

【関連記事】【東京オートサロン2019】AMGラインナップがそろうとその威圧感が半端なかった!3分で分かるTAS・メーカー編:メルセデスベンツ・AMG【東京オートサロン2019】クールなボディカラーはレヴォーグにもマッチ。「レヴォーグ STI Performance」は市販化が熱望されるモデルフロントガラスにこだわるプリティー&清楚な美女【東京オートサロン2019・その2】