【東京オートサロン2019】RAYSブースで発表されたSUPER GTのPRIUS GTはメイドインジャパンにこだわったレーシングカー

●メイドインジャパンにこだわったapr PRIUS GT
1月11日、aprは東京オートサロン2019のRAYSブースで、スーパーGT・GT300クラスの新型参戦マシンを発表しました。

これまでのミッドシップレイアウトからFRへと変更され、トヨタ・プリウス・PHV GR SPORTのボディを採用しているので雰囲気ががらりと変わります。

アンヴェールに先立って挨拶をしたaprの金曽 裕人社長は「2018年のSUPER GTでは僅差でチャンピオンを逃し、ヨーロッパ勢のGT3にやられっぱなしの状況。このPRIUS GTは日本からヨーロッパを打ち負かしていくという思いで作っています」と語ります。

エンジンはTRD製、ホイールはRAYS製とメイドインジャパンを多用することで日本の底力を発揮したいとのことです。

この新型PRIUS GTで2019年を戦うaprですが、ドライバーラインナップに大きな変更があります。

31号車のドライバーは平手晃平選手に代わって、昨年までUPGARAGE 86 MCをドライブしていた中山友貴選手となりました。

30号車にドライバーの変更は無く、織戸学選手と永井宏明選手がドライブします。

メイドインジャパンにこだわったapr PRIUS GT。2019シーズンをどう戦うが楽しみとなります。

(写真・文:松永和浩)

【東京オートサロン2019】RAYSブースで発表されたSUPER GTのPRIUS GTはメイドインジャパンにこだわったレーシングカー(http://clicccar.com/2019/01/13/682765/)

【関連記事】【東京オートサロン2019】日野自動車はサイバーなダンスと織り成す「iNFORMATIon DESIGN.」がテーマ(PR)日本レースクイーン大賞の受賞者が揃い踏み!TOM’Sのブースは要チェック【東京オートサロン2019】【東京オートサロン2019】初公開! 大坂なおみ選手モデルのGT-Rはココが違う